農空間を守る活動状況

更新日:平成29年3月16日

棚田の風景  棚田・ふるさと保全基金
美しい田園風景の形成・国土保全等、多くの公益的機能を有する大阪の棚田を保全支援していくための基金です。
「棚田・ふるさと保全基金事業について」へ

棚田・ふるさとファンクラブ 棚田・ふるさとファンクラブ
棚田を守るために、棚田・ふるさとファンクラブで活動しています。景観的価値も高く評価されている棚田を、皆さんの力で守っていきましょう。
棚田ふるさとファンクラブへ

農空間で大阪を冷やそう! 農空間大阪冷やそう!プロジェクト
今年の夏は、大阪のヒートアイランド現象の緩和のために 農地や農業用水路ががんばります!

「農空間で大阪を冷やそう!」プロジェクトへ


花と水辺のプロムナードづくり 花と水辺のプロムナードづくり
農業者と地域の方々が一体となって、水路やため池の周りに花などの植栽活動を行うことで、美しいまちづくりをめざす取組みです。皆さんの地域でもいかがですか?
花と水辺のプロムナードづくりへ


農空間の多面的機能調査 

こどもたちによる農空間の多面的機能調査            
水辺の近くって本当に涼しいの?その疑問を小学生がため池や田んぼの近くで調査しました!    

農空間の多面的機能調査へ


水辺環境保全活動 

水辺環境保全活動
田んぼやため池の多面的機能を小学生が調査!
ため池や農業用水路などの水辺における環境保全活動を推進しています。

水辺環境保全活動へ

 

防災農地防災農地の取組み

 大阪府防災農地推進連絡会では、1月31日を防災農地の日と制定し、農地等を防災面から保全・活用する取組みを推進しています。1月31日は、語呂が「防災」と読むことができ、また「大阪府防災農地推進連絡会」が発足した日です。大阪府内では、寝屋川市、守口市、貝塚市、堺市で実施(平成24年3月現在)しています。

農空間は、国土の保全、水源涵養、景観、防災等の多面的機能を有しています。
防災面からは、農家のご協力により、農地を災害時における避難空間、仮設住宅建設用地、
復旧用資材置場等として活用できるよう、市町村と取り組みを進めています。
詳しくは、こちらをご覧ください。

防災農地の取組みパンフレット [PDFファイル/1.43MB] html版はこちら

このページの作成所属
環境農林水産部 農政室整備課 計画指導グループ

ここまで本文です。