農空間マップをつくろう

更新日:平成23年3月28日

農空間マップをつくろう

ねらい

地域の農空間、特にため池と農業用水路と田畑の関係を調べることによって、環境理解を深めるとともに、地域への愛着を深めます。

準備物

校区内の地図、色鉛筆、ふせん紙(短冊状に切った紙とセロハンテープでも可)

進め方

  1. 校区内を歩き、地図に、田んぼは緑色、畑は黄色、ため池は水色、農業用水路は青色を塗ります。
    • ため池の水が、農業用水を通り、田んぼや畑に運ばれている様子がわかるでしょう。
    • 水路の一部は、地下を通っていたり、人の通れない路地裏を通っていたりすることがあります。
  2. 農空間マップつくりそのときに、見つけたもの、気づいたことや感じたことなどを短冊に記録し、地図に貼り付けて、農空間マップのでき上がりです。
    • 田んぼや畑で作られていた作物の種類
    • 農家の人がしていたこと
    • 近くで見つけた生きもの
    • 水路の水の流れの状態
    • ごみの有無
    • 景色のよい場所
      など

発展学習

毎年、作成することによって、地域の移り変わりについての貴重な資料となります。

知識の小箱
農業を営むには、必要な時に、必要な量の水を得ることが不可欠です。そのためには、ため池や農業用水路の整備が非常に大きな意味を持っています。ため池や農業用水路の整備の様子を見学してみましょう。


夢ある農空間メール ご意見、ご感想はこちらまでお寄せください。お待ちしています!
大阪府環境農林水産部 農政室整備課 TEL 06-6210-9600
Copyright(C)2006 NOGYOI All Right Reserved.

このページの作成所属
環境農林水産部 農政室整備課 計画指導グループ

ここまで本文です。