環境学習の流れ

更新日:平成23年3月28日

環境学習の流れ

プログラムの選択

  • 地域に合ったプログラムを選びましょう。
    • 地域を見回してみましょう。きっと身近なところに農空間はあります。

準備

    環境学習の絵
  • 地図を持って、学習場所を下見しましょう。
  • 環境学習の内容、場所によっては、農家の方や水路などの管理者の方の協力が必要な場合があります。最寄りの大阪府農と緑の総合事務所にご相談ください。
  • 「準備物」を準備しましょう。
    • 学校にあるものや簡単に持ち寄ることができるものを主に挙げています。
    • 「準備物」では、筆記用具、記録用紙、記録用の台板やまとめ用の模造紙は省略しています。適宜準備してください。

環境学習の実施

  • さあ、農空間に出かけましょう。
    • プログラムは、印刷して持って行くとよいでしょう。

結果のまとめ、発表

  • 学習の結果は、模造紙にまとめるなどして発表しあい、その内容について話し合いましょう。
    • 環境を守るため、自分たちに何ができるかを、是非話し合ってみてください。そして、できることから実践しましょう。
今回実施した農空間における環境学習を、幅広く、環境のこと、農空間や農業のこと、さらには地域のことを調べ、学ぶきっかけにしていただければ幸いです。

夢ある農空間メール ご意見、ご感想はこちらまでお寄せください。お待ちしています!
大阪府環境農林水産部 農政室整備課 TEL 06-6210-9600
Copyright(C)2006 NOGYOI All Right Reserved.

このページの作成所属
環境農林水産部 農政室整備課 計画指導グループ

ここまで本文です。