農空間にすむ動植物を調べよう

更新日:平成28年11月11日

農空間にすむ動植物を調べよう

ねらい

農空間に様々な動植物が生息することを知ることによって、地域の環境理解を深めます。

準備物

バケツ、網、虫かご、水槽(捕らえた水生生物が観察できる透明な容器)、色鉛筆

進め方

    動植物を調べる
  1. 農家や水路管理者の協力を得て、農地や水路に入り、動植物を採取します。
  2. 採取した動植物をスケッチします。
  3. 調査を行う場所の様子を観察して記録します。
    • コンクリート
    • 草の有無
    • ごみの有無
      など
  4. スケッチした動植物の名前や性質などを、図鑑やインターネットなどで調べましょう。

リンク(実施例等)

知識の小箱
◆「農業用水路」
農業用水路には、田んぼに必要な水を送る「用水路」や田んぼなどで不要になった水を川などに排水するための「排水路」などがあり、水質や水路の構造ですんでいる生物が異なります。一般にコンクリート構造より、土など自然に近い水路の方が多様な生物が生息しています。


夢ある農空間メール ご意見、ご感想はこちらまでお寄せください。お待ちしています!
大阪府環境農林水産部 農政室整備課 TEL 06-6210-9600
Copyright(C)2006 NOGYOI All Right Reserved.

このページの作成所属
環境農林水産部 農政室整備課 計画指導グループ

ここまで本文です。