学習農園の取り組み

更新日:平成26年3月20日


 農地は、農産物を生産するだけでなく、地域の景観形成や生態系の保全などだけでなく、子どもたちの農業体験の場としても活用されています。
 大阪府では、農空間づくり協議会など地域ぐるみで農空間保全・活用に取り組む地域をはじめ、市町村や農協などとともに、農空間の保全・活用の一環として、学習農園づくりを推進しています。


植付け   学習農園(収穫)  学習農園(田植え)
       植付け                収穫               田植え

<期待される効果>

○子どもたちは自分の食べ物を自らつくることによって、その喜び、大変さを体験します。
○子どもたちと地元農家、地域の団体等との交流を通じて地域の連携を深めます。
○遊休農地、遊休化が懸念される農地の保全につなげ、食糧生産基盤の維持、地域環境の保全を図ります。

このページの作成所属
環境農林水産部 農政室整備課 計画指導グループ

ここまで本文です。