就農・援農情報

更新日:平成29年7月13日

新着情報


農業体験をしてみたい人、農業ボランティアに取り組みたい人、
農業を始めてみたい人のための、すぐに取り組める就農・援農情報です。
自分にあった目標を決めて 、まずはチャレンジ!!
     

農業体験、農業ボランティアへの参加をお考えの方へ

アグリサポーターの広場

 農業体験、農業ボランティアに関する総合情報ページです。

就農をお考えの方へ

STEP 1  就農のための情報収集

大阪府就農相談窓口(別ウインドウで開きます)

 大阪府が設置している就農相談の窓口です。(要予約)

その他の就農相談等の窓口一覧

  大阪府内一円に、就農相談や「農」に関する情報提供を行う窓口が開設されています。

●新・農業人フェア(外部サイト) 

  全国の就農情報が効率的に入手できる機会です。

STEP2 体験 現場見学

  【インターシップで農業を体験する】

 ●農業インターンシップ (外部サイトを別ウインドウで開きます)

(社) 日本農業法人協会が実施する制度です。大学生や社会人を対象とし、大学や農業経営者との連携をもとに、在学中に修業体験を行います。

 ●農家研修生海外派遣制度(外部サイト)

(社)国際農業者交流協会が実施する、海外の農家での実習を通じて農業技術を習得することを目的とした 派遣制度です。

【農業体験や援農に参加する】

アグリサポーターの広場をご覧下さい。

【市民農園を借りて農業の体験をする】

●貸し農園・レクレーション農園

STEP3 就農へ向けた準備

  【技術やノウハウを習得する】

●地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所 農業大学校(外部サイト)

○養成科コー ス(2年間)

農業後継者や農業技術者の養成を目指し、農業に関する専門的な知識・技能習得のための実践的な教育や研修を行います。

○短期プロ農家養成コース(入門コース、集中コース)

農業を始めようとする都市住民や、農業技術を習得しようとする兼業農家の方等、プロ農家を目指す方を対象に、短期で、本格的な研修を実施します。

●市町村等が実施している農業研修講座

○とよの就農支援塾

「農業に興味があるけどきっかけがない」、「本格的に就農を目指したい」、こうした方々に向けて豊能町では、「とよの就農支援塾」を平成29年4月に開講しました。
問い合わせ先:豊能町農林商工課 電話:072-739-3424

○都市農業ひらかた道場  

 問い合わせ先:枚方市産業文化部産業振興室農業振興課 電話:072-841-1348

○太子町ぶどう塾特別講座 

  問い合わせ先:太子町地域整備室地域整備グループぶどう塾担当 電話:0721-98-5523

○河内長野市農業研修講座

  問い合わせ先:河内長野市環境経済部農林課農政係 電話:0721-53-1111

○羽曳野市ぶどう就農促進協議会

  問い合わせ先:羽曳野市産業振興課農政・耕地担当 電話:072-958-1111

○堺市みないき農業塾

  問い合わせ先:南いきいきファーム推進会 電話:072-289-7139

○岸和田市農業研修講座

  問い合わせ先:岸和田市農林水産課農林水産振興担当 電話:072-423-9488

●農の雇用事業(外部サイト)

 農業法人等が就業希望者を新たに雇用して、生産技術やノウハウ等を習得させる研修を実施する場合に、研修経費の一部を助成します。

【資金を確保する】

●青年等就農計画制度(外部サイト)

個人・法人の新規就農者を支援する制度。新規就農者が作成した経営開始後5年間の計画を就農先の市町村が認定し、認定新規就農者として重点的に農業経営をサポートしていきます。

※詳しくは就農地の市町村へお問い合わせください。

●農業次世代人材投資資金

 就農前の研修段階及び経営の不安定な就農初期段階の青年就農者に対して農業次世代人材投資資金を交付します。

●青年等就農資金(外部サイト)

認定新規就農者(注:市町村に青年等就農計画の認定を受けた者)が農業経営を開始するために必要な施設、機械の購入資金、農薬等の運転資金を、日本政策金融公庫が融資(無利子)する制度です。

※資金についての詳しいお問い合わせ先  日本政策金融公庫 ホームページ お問い合わせページ(外部サイト)日本政策金融公庫大阪支店  電話 06−6131−0750

【農地を確保する】

●農地中間管理機構(外部サイト)  

大阪府内の農地(農業振興地域内)の貸し借りを支援しています。 

このページの作成所属
環境農林水産部 農政室推進課 経営強化グループ

ここまで本文です。