ウメ輪紋ウイルス(PPV)に関する情報


ウメの木の病気にご注意ください

ウメ輪紋ウイルス(PPV)の症状

ウメ輪紋ウイルスの症状
農林水産省横浜植物防疫所原図

 このウイルスはウメ、モモなど特定の植物に感染するウイルスです。人や動物に感染しません。葉にさわったり、感染している木の果実を食べても健康に影響はありません。

● 海外から侵入したウメ輪紋ウイルス(PPV)による病気(ウメ輪紋病)で、大阪府では、豊中市、池田市、吹田市、東大阪市、八尾市、柏原市、松原市、富田林市、河内長野市、大阪狭山市、河南町、千早赤阪村、堺市、泉佐野市内の庭木のウメや、正月の寄せ植え用苗などで確認されました。

● ウメの場合は、葉に輪のような形の斑(ふ)が入る症状が現れます。

●このウイルスは、植物の汁液に存在し、主に接ぎ木によって感染し、穂木や苗を経由して広がります。

● また、アブラムシ類を介しても他のウメの木に感染します。一度感染すると治療する方法はありません。

● ウメやモモが感染すると、早期落果や果実に傷が発生するなどの被害を生じます。 

 写真のような症状を見かけた場合は、大阪府病害虫防除グループ ウメ輪紋ウイルス担当(072−957−0520)までお知らせください。

感染確認の流れ

  1. 所有者が、ウメ、モモ、ユスラウメなどの栽培果樹、庭木、盆梅などで写真のような症状に気付いたら、発生状況を病害虫防除グループへ連絡してください。
  2. 病害虫防除グループが最寄りの府出先機関に伝達し、府の担当者が症状の確認に伺います。
  3. 感染が疑われる症状であればサンプルを採取しますのでご協力ください。(葉を5枚程度)
  4. サンプルを農林水産省神戸植物防疫所に送付して検定します。
  5. 判定まで約1ヶ月かかります。
  6. ウイルス検定の結果、感染が確認された場合は、国の方針に基づき感染樹(感染の恐れのある樹を含む)は伐採処分させていただくことになります。

 ※ウイルス検定は、疑似症状(モザイク症状、輪のような形の斑(ふ)が入る、葉の緑色があせる)が確認された場合のみ行います。

   また、感染の診断ができる期間は、新葉が出る5月頃から9月頃です。

 カビによる病害でも、ウメ輪紋ウイルスと似た症状が発生する場合があります。これらの病害が多発した場合は見た目での区別が困難になる場合があります。

うどんこ病    白粉病
   ・うどんこ病(果樹病害各論より)        ・白粉病(本植物病害大辞典より)

大阪府でのウメ輪紋ウイルスの発生確認状況

・平成22年 吹田市万博記念公園の梅林で1本、育成ほ場で45本を府内で初めて確認。
・平成23年 吹田市万博記念公園で新たに梅林4本、育成ほ場で33本を確認
・平成24年 吹田市 立木3本、37鉢、 泉佐野市 立木5本を確認
・平成25年 豊中市 5鉢、池田市 立木6本、39鉢、吹田市立木モモ1本、東大阪市 立木1本、八尾市 立木3本、柏原市 立木2本、富田林市 立木190本(内アンズ1本、ユスラウメ2本)、1鉢、河南町 立木15本(内ユスラウメ1本)、千早赤阪村 立木5本、松原市1鉢(樹種の記載していないものはすべてウメ) 
 ※25年までに感染が確認されたウメの木は、所定の手続きを経てすでに処分しています。
・平成26年 富田林市 立木100本(内スモモ1本、アンズ1本)、河内長野市 立木5本、大阪狭山市 立木36本、堺市 立木12本、1鉢、 柏原市1本

 ※26年に感染が確認されたウメ等の樹木は、今後、所定の手続きを実施し、処分を実施します。

緊急防除区域

農林水産省では、植物防疫法に基づき、富田林市の以下の区域をウメ輪紋ウイルスの緊急防除が必要な区域として、平成25年11月29日に公告され、同12月29日から緊急防除を実施しています。

○対象となる区域

 ・大字廿山(府道二百二号線以南の地域に限る。)、大字錦織、甲田、小金台、寿町、桜ケ丘町、新家、高辺台、谷川町、廿山、津々山台、寺池台、常盤町、錦織北、錦織東(府道二百二号線以北の地域に限る。)、錦ケ丘町、藤沢台、富美ケ丘町、宮甲田町及び美山台

 

○ 緊急防除の内容

 ・ウメやモモなどの規制対象植物の生植物(種子及び果実を除く。)は、防除区域からの持ち出しを禁止。

 ・.感染している、又は感染しているおそれがあると国が指定する植物については、適切に伐採処分等を実施。

○規制対象植物(緊急防除区域から持ち出してはいけない植物)
 ・セイヨウマユミ、ヨウシュイボタ、ナガバクコ又は、サクラ属(ウメ、モモ、スモモ、セイヨウスモモ、アンズ、ネクタリン、ユスラウメ、オウトウなど ただし、サクラ節は除く)の生植物(苗、植木、盆栽、切り枝、花、葉など)。

種子、果実は規制の対象外。

 ウメ輪紋ウイルス緊急防除地域のチラシ [PDFファイル/274KB]

 農林水産省ウメ輪紋ウイルスの関連ホームページ  (外部サイト)

連絡先

大阪府環境農林水産部農政室推進課病害虫防除グループ
〒583-0862 羽曳野市尺度442
TEL:072-957-0520
FAX:072-956-8711

大阪府環境農林水産部農政室推進課地産地消推進グループ
〒559-8555 大阪市住之江区南港北1-14-16 咲洲庁舎22階
TEL:06-6210-9590
FAX:06-6614-0913

技術資料等

カラー資料 ウメの木の病気にご注意ください(大阪府) [PDFファイル/600KB]

平成22年度病害虫発生予察特殊報第1号 ウメ輪紋ウイルス(大阪府病害虫防除所)(外部サイト)

ウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)の防除について(農林水産省)(外部サイト)

ウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)の緊急防除について(農林水産省植物防疫所)(外部サイト)
プラムポックスウイルス(ウメ輪紋ウイルス)とは(農林水産省)(外部サイト)

ウメ輪紋ウイルスの感染確認について(報道発表資料)

このページの作成所属
環境農林水産部 農政室推進課 地産地消推進グループ

ここまで本文です。