高校生向けものづくり魅力発信プログラム「エジソンの学校」

更新日:平成29年4月6日

高校生向けものづくり魅力発信プログラムを策定しました

 大阪府では、大阪産業を支える次世代のものづくり人材の育成を図るため、厚生労働省から委託事業(地域連携人材育成強化支援事業)として、高校生向け「ものづくり」魅力発信プログラム策定事業を実施しました。

 本事業では、ものづくりへの興味喚起を図るため、ものづくり技術や産業と接点の少ない普通科高校等の1・2年生を対象とした体験・参加型の「出前講座」を提案しています。
 ものづくりを職業としている大人との出会いを通じて、その感性や職業観を学び、将来の職業選択の幅を拡充させるのがねらいです。
 また、職業に必要な様々な知識が学校教育との関連性を理解することで、生徒の学習意欲向上を促し、次世代の産業人材の「質」の向上をめざします。

 

「エジソンの学校」ガイドブックを作成しました

 この度、平成28年度に府立高校でモデル実施した「出前講座」や、それらにアレンジを加えたプログラムを取りまとめた「エジソンの学校」ガイドブックを作成しました。
 この冊子には、本事業以外に、ものづくりの魅力や企業の情報などを発信している様々な取り組み事例を紹介しています。
 本冊子を通して、多くの高等学校が様々な機関や団体等と連携し、将来の大阪産業の担い手育成に幅広く活用いただきたいと思います。

      冊子「エジソンの学校」の表紙

◆発行部数 3,000部

◆配布先 府内の高等学校等

◆本編 A4判(レフィルカード・30穴リング綴じ・22枚)  
      冊子「エジソンの学校」本編の表紙

     ● 表紙・もくじ P.1-P.2 [PDFファイル/457KB]  

     ● エジソンの学校って?(背景・ねらい・取り組み)/出前講座プログラムについて P.3-P.4 [PDFファイル/842KB]
     ● 出前講座プログラム

        「府立高校でモデル実施」                      モデル実施 [PDFファイル/9.4MB]               
        01 いろいろセンサーで「おもしろ装置」をつくろう!
        02 ブレッドボードでデジタル時計づくり
        03 VR(バーチャルリアリティ)で、いざバーチャル修学旅行へ!
        04 めざせ10分の1家具職人! 家具づくり体験
        05 これであなたも建築家?! パース製図体験
        06 インテリアコーディネーターになる50分
        07 5種の職業を体験! 家づくりシミュレーション
        08 オーダーメイドを体験! 銅板モビールづくり
        09 鋳造体験! 世界にひとつのキーホルダーづくり
        10 自動車の加工技術を体験! オリジナルカードケースづくり
        11 みんなの電気で教室がディスコに?! 人力発電体験!
        12 ゲーム感覚で学ぶ「企業経営」ヘリコプターを納品せよ!

        「アレンジプログラム」                         アレンジ [PDFファイル/1.66MB]]
        13 お好きなものをカラーチェンジ! 自動車塗装技術体験
        14 身近な電気のパワーを知ろう! 発電運動会
        15 化学の力で化粧品づくり! ミネラルコスメクッキング
        16 錬金術で10円玉から金銀銅を生成!? メッキ体験

        「応用プログラム」(体験イベント+フィールドワーク等)      応用 [PDFファイル/1.98MB]
        17 プロから学ぶ 家づくりワークショップ
        18 スキルもマインドも現場で学ぶ! 見学×体験×インタビュー
        19 現場で学んだことをアウトプット! 見学×体験×発表会
        20 高校生のアイデアで自由に企画提案しよう! 商品開発体験

                              ※なお、プログラムの実践にあたっては法令や安全性等に十分ご配慮の上、実施いただきますようお願いいたします。
 
     ● 府内ものづくり魅力発信の取り組み                 取り組み紹介 [PDFファイル/2.16MB]

     ● お問い合わせ                              お問い合わせ [PDFファイル/709KB]


◆別冊 A4判(中綴じ・40ページ)  全ページ→別冊 [PDFファイル/2.72MB]]

     ● 表紙・もくじ            p1-3 [PDFファイル/362KB]  

     ● 専門家による総評        p4-5 [PDFファイル/445KB]

     ● 出前講座の効果測定      p6-21 [PDFファイル/1.2MB]

     ● 高校向け事前アンケート(集計結果と解説)           p22-34 [PDFファイル/1.88MB]
        [資料] P.24-28 【2】問1 キャリア教育の実態形態・内容 (%)   p24-28 [PDFファイル/623KB]
        [資料] P.29    【2】問4 キャリア教育の課題             p29-課題 [PDFファイル/951KB]
        [資料] P.29   【3】問1、3 図表3-6、3-8(%)            p29-図表 [PDFファイル/494KB]
        [資料] P.30    【3】問3 実施形態 図表3-8、3-9          p30-図表 [PDFファイル/685KB]


     ● (参考)出前講座 材料一覧  p35-38 [PDFファイル/421KB]

     ● 裏表紙              p40 [PDFファイル/769KB] 

 

「エジソンの学校」の実践とともに −「学校の授業がおもしろくなるプログラム」を考えてみました−

 本事業は、高校生を対象に、ものづくりへの興味喚起、職業観・職業選択の幅の拡充を図るための「出前講座」を実施しましたが、
1コマ50分という限られた時間の中だけでは、生徒が「おもしろい」と感じたことを職業として選択するまでには至らないのが現状です。
 この度、「出前講座」を実施するにあたって、いくつかの高校で、教育現場における課題についてヒアリングを行ったところ、
先生方が感じている生徒の課題として、次の3つの共通点がありました。

  1 何にも興味を持たない
  2 何のために勉強するのか分からない
  3 論理的な考え方ができない
                     わからない

 高校生の皆さんには、様々なことに興味を持ち、身近なところに疑問を抱き、それを解決していくプロセスを楽しんでいただきたいと思います。
 ものづくりには「数学」「物理」「化学」など、いわゆる「理系」と言われる科目が深く関わっています。
 学校で学ぶ「数学」「物理」「化学」を身近な生活や職業と関連づけてゲーム感覚で学ぶことで理解できたら、将来、やりたいことや職業選択の幅が広がるかもしれません。
 そこで、近畿職業能力開発大学校及び府立産業技術総合研究所にご協力いただき、「数学」「物理」「化学」などをテーマとしたチャレンジプログラムを検討しました。
  
 高校生が抱える上記3つの課題を解決するためのアプローチ手法の一つとして、「エジソンの学校」ガイドブックと併せて活用いただければ幸いです。

 【学校の授業がおもしろくなるプログラム】

このページの作成所属
商工労働部 雇用推進室人材育成課 技術専門校グループ

ここまで本文です。