職業訓練指導員免許

更新日:令和元年7月16日

職業訓練指導員免許

Q&A

 ・指導員免許に関する Q&A
 ・指導員試験に関する Q&A
 ・48時間講習に関する Q&A

職業訓練指導員免許とは

 職業訓練指導員免許は、職業能力開発促進法に基づく公共職業能力開発施設(国、都道府県、市町村が職業訓練を行うために設置した施設)や職業訓練施設(認定職業訓練校)において、職業訓練指導を行うにあたり必要な免許です。

 申請に必要な書類は次のとおりです。
  1.職業訓練指導員免許証申請書 [Wordファイル/35KB] 1部
  2.運転免許証や健康保険証等の現住所が確認できる公的な身分証明書(コピー) 1部
  3.手数料 2,300円(手数料納付窓口での現金納付または電子申請)
  4.添付書類
   指導員課程修了者(能開大卒業者)・・・履修証明書、卒業証明書 各1部
   職業訓練指導員試験合格者・・・・・・・・職業訓練指導員試験合格証書(コピー) 1部
   48時間講習修了者※1・・・・・・・・・・・・48時間講習修了証書(コピー) 1部
   高等学校教諭免許所持者※2・・・・・・・履修証明書(原本)、卒業証明書(原本)、高等学校教諭免許状(コピー)、授業内容を確認で
        きる書面(コピー) 各1部
   ※1.厚生労働大臣が指定する講習。
   ※2.免許職種に係る学科を履修し、かつ、看護、看護実習、家庭、家庭実習、情報、情報実習、農業、農業実習、工業、工業実習、
              商業、商業実習、水産、水産実習、福祉又は
福祉実習についての高等学校教諭普通免許状を取得している者。
   履修内容や取得要件の確認をさせていただきますので、必ず事前にお問い合せください。
  
5.郵送で免許をお受け取りになる場合は、簡易書留代として450円分の切手(5枚以上の免許を交付する場合は料金が異なりま
           す)。

  手数料納付窓口のご案内
   ・咲洲庁舎:1階フェスパ内(府庁開庁日の9時15分から17時30分まで)

   ・府庁本館:1階りそな銀行大手支店内(同9時から17時まで)
   ・府庁別館:1階エントランス内(同9時15分から12時まで、13時から17時30分まで)

職業訓練指導員免許証の再交付申請について

 大阪府から免許の交付を受けた方で、紛失等の理由により再交付を希望する場合は、再交付申請をしてください。
 交付状況を確認させていただきますので、必ず事前にお問い合せください

 申請に必要な書類は次のとおりです。
  1.職業訓練指導員免許証再交付申請書 [Wordファイル/31KB]
 1部
  2.運転免許証や健康保険証等の現住所が確認できる公的な身分証明書(コピー) 1部
  3.手数料 2,000円(手数料納付窓口での現金納付または電子申請)

   4.郵送で免許をお受け取りになる場合は、簡易書留代として450円分の切手(5枚以上の免許を交付する場合は料金が異なります)。

職業訓練指導員試験

 試験は、職種ごとに区分され、実技試験と学科試験(「関連学科」「指導方法」)で構成されています。実施時期や実施職種、実施内容は各都道府県で異なります。
大阪府では「指導方法」についてのみ実施しているため、実技試験と学科試験のうち関連学科の受験を免除される者」が対象となります。
 ※実技及び関連学科の試験は行っておりませんのでご留意ください。
詳しくは、大阪府商工労働部雇用推進室人材育成課までお問い合わせください。
 
 令和元年度の試験案内はこちら

48時間講習―厚生労働大臣の指定する講習

 一定の実務経験を有する者を対象に、厚生労働大臣の指定する講習(48時間講習)を実施しています。
 詳細については大阪府職業能力開発協会(06−6534−7510)へお問い合わせください。

このページの作成所属
商工労働部 雇用推進室人材育成課 産業人材育成グループ

ここまで本文です。