オフィス実践科

更新日:平成26年12月8日

オフィス実践科(身体障がいのある方が対象、定員:10名 訓練期間:1年)

概要(事務サポート職に必要な知識や技能を基礎からゆっくり学ぼう)

 個々の習得状況に応じてゆっくり学ぶ科目です。
 ワープロ・表計算ソフトによる各種文書の作成、インターネットを使った情報収集などのパソコン基本操作や、
事務機器(シュレッダーなど)の操作方法などについて学びます。

訓練内容

  (学科)
  パソコンの基礎・文書事務
  コミュニケーション・ビジネスマナー
  (実技)
  Windowsの基本操作
  Word・Excel
  プレゼンテーション実習(PowerPoint)
  ホームページ活用実習
  事務補助作業
   ・データ入力、集計
   ・各種伝票処理
   ・資料作成、印刷
   ・ファイリング
   ・事務機器操作

取得可能な資格

  日本語ワープロ検定
  情報処理検定(表計算)
  ※資格の取得には、試験実施機関が行う試験に合格する必要があります。

就職

  (職種)
  総務・経理・営業部門などの事務補助職
  (業種)
  すべての業種

費用

  入校選考料、入校料、授業料は無料
  教科書代等の実費は概ね 10,000円
  資格取得のための受験料等は別途必要です。

過去の就職率

  平成23年度 70.0% 
  平成24年度 50.0%
  平成25年度 70.0%

対象者

  ・障がいにより訓練に特別に配慮を要する身体障がい者の方を対象に、習得状況に応じてゆっくり学ぶ科目です。
  ・重度視覚障がいのある方でも応募できる科目です。応募・受験に関しては、事前に必ず校にご相談ください。

 

このページの作成所属
商工労働部 雇用推進室人材育成課 技術専門校グループ

ここまで本文です。