水都大阪の再生

更新日:令和2年4月27日

 大阪は昔(明治頃)、「水の都」と呼ばれていました。近年では、かつての遠い記憶となりつつあります。

 水都大阪の取り組みが、2001年に内閣官房都市再生本部によって都市再生プロジェクトに指定されたことが契機となり、以降水の都を取り戻すべく、水辺の生活を活気ある賑やかな場へと再生するための様々な試みを展開しています。

 世界でも稀な地形でもある、川が都心部をロの字に回る「水の回廊」を中心としてシンボルとなる空間づくりや船着き場の整備、護岸や橋梁などのライトアップなどのプロジェクトが進められています。

水辺の紹介

〇水都大阪の経緯

 H13.12 第3次都市再生プロジェクト採択

 H14.10 水の都大阪再生協議会設立

 H15.3  水の都大阪再生構想想定

 H20.5  水都大阪夢ビジョン策定

 H21.8  水都大阪2009シンボルイベントの開催

 H22.4  水都大阪推進委員会設立

 H23.8  水都大阪水と光のまちづくり構想策定(水と光のまちづくり推進会議)

 H28.11 大阪都市魅力創造戦略2020策定

suitooosaka

(参考)水都大阪HP(外部サイト)

このページの作成所属
都市整備部 西大阪治水事務所 水都再生課

ここまで本文です。