地下河川について

更新日:平成31年1月21日

地下河川

密集した市街地では新たな河川の開削や拡幅は困難です。そこで道路等
公共施設の地下空
間を有効利用し、新たな放流施設である地下河川を建設します。 
現在、大阪府では寝屋川北部と寝屋川南部の地下河川工事を進めています。
図;地下河川イメージ図。河川や下水道管から地下河川に水が入ってきます。
写真;北部地下河川内部とシールドマシン

地下河川名

全体計画

既設

現状

北部地下河川延長 14.3km
排水量 250m3/s
延長 6.6km
暫定貯留量 20万m3
鶴見立坑〜古川取水立坑(古川調節池)H14.10完成
北島立坑〜古川取水立坑(北島調節池)H23.6完成
北島立坑〜讃良立坑(門真調節池)H27.6完成
南部地下河川延長 13.4km
排水量 180m3/s
延長 11.2km
暫定貯留量 63万m3
平野立坑〜西脇立坑〜今川立坑(平野川調節池1期)H2完成
今川立坑〜桃ヶ池立坑(平野川調節池2期)H8完成
桃ヶ池立坑〜聖天山立坑(平野川調節池3期)H13完成
久宝寺立坑〜西脇立坑(加美調節池)H14.8完成
美園立坑〜久宝寺立坑(久宝寺調節池)H14.8完成
若江立坑〜美園立坑(若江調節池)H18.8完成

このページの作成所属
都市整備部 寝屋川水系改修工営所 企画防災グループ

ここまで本文です。