作業工具(機械金属関係)

更新日:平成21年8月5日

【概要】
ドライバーの画像 作業工具は、機械器具の組立や修理などに用いられる手作業用具の総称です。これには、レンチ、スパナ、ペンチ、ドライバーなどが含まれ、斧、鉋、鋏などの利器工匠具・手動具、やすりなどは含まれません。

【沿革】
 作業工具の中で最も早く国産化されたのはドライバーで、明治30年頃です。
 ハンマが同37年、ぺンチが同42年、モンキレンチが同期末となっています。

【産地】
 
大阪では、東大阪市を中心に産地を形成していますが、全国的にみて大阪産地では、モンキーレンチなどのレンチ類やペンチの生産が多いのが特徴です。

【お問い合わせ先】
レンチの画像関西作業工具協同組合
〒542-0081 大阪市中央区南船場1−17−13
電話 06-6264-3833
FAX   06-6264-3833
URL   なし

このページの作成所属
商工労働部 中小企業支援室ものづくり支援課 製造業振興グループ

ここまで本文です。