だんじり工芸

更新日:平成30年3月26日

だんじり工芸
だんじりこうげい
Danjiri (transportable shrine) Ornamental Craft
(Non-certified Traditional Osaka Craft Products)

だんじり工芸の画像【沿革・特徴】
  「だんじり」といえば、伝統ある岸和田市をはじめ、大阪各地の地車祭で有名であるが、江戸時代中期に岸和田藩主・岡部長泰公が五穀豊穣を祈願して行った稲荷祭がそのはじまりとされている。
 江戸時代末期に、幕府が地車を造る大工達の技術を認め、日光東照宮の修築施工を命じている。豪華さと美観を備える地車造りの技術は、現在に受け継がれ、地車の修復やミニ地車等の製作にも生かされている。

【History】
 The “Danjiri” is a familiar sight during Danjiri festivals throughout the Osaka area. But it is particularly popular in Kishiwada City, which has a long history of the festival. The Danjiri festival has its origin in the Inari Festival, initiated in 1703 by the Lord Nagayasu Okabe who was praying for abundant crops.
 In 1851, the government, recognizing the skillful techniques of the Danjiri carpenters, ordered them to reconstruct the Toshogu Shrine in Nikko, Tochigi Prefecture.
 It is currently being used for Danjiri restorations, miniature Danjiri creations, and other works.

【お問合せ先】
大阪伝統工芸品産業振興協議会
〒540-0011
大阪市中央区農人橋2-1-31
電話 06-6948-5055
URL http://www.osaka-densankyo.server-shared.com/

【主な産地】
八尾市

作業風景の画像【主な製品】
だんじり、ふとん太鼓

【製造工程】

  1. 製材
  2. 土台作り
  3. 柱作り
  4. 屋根作り
  5. 下絵
    発注者のニーズや古い文献等を参考に絵柄を決める
  6. 彫刻
    柱、屋根等の部分を彫る
  7. 屋根をのせる
  8. 金具打ちつけ

このページの作成所属
商工労働部 中小企業支援室ものづくり支援課 販路開拓支援グループ

ここまで本文です。