大阪張り子

更新日:平成30年3月26日

大阪張り子 (大阪府知事指定伝統工芸品)
おおさかはりこ
Osaka Hariko (Papier-Mâché)
(Traditional Craft Products Certified by the Governor of Osaka Prefecture)

大阪張り子の画像【沿革・特徴】
 張子細工の技法は中国から伝わり、桃山時代に京都で起り、江戸時代初期に刊行された俳譜書「毛吹草」に津村(大阪市中央区)の名産品として「張人形」が記されているなど、大阪が最大の生産地となった。
 約400年の歴史のある張り子の技法は、今も大阪張り子として人々に愛され、面、だるま、張り子の虎等にその技術は受け継がれている。

【History】
 Papier-mâché was introduced from China and its techniques developed in Kyoto during the Momoyama era (late 16C to early 17C). Subsequently, Osaka became the major papier-mâché production center. Techniques which have been passed down for 400 years are applied in popular products such as masks, darumas (Bohidharma dolls) and papier-mâché tiger dolls.

【指定年月日】
平成6年4月1日

【産地組合等】
峯商店
〒582-0007 柏原市上市1−4−12
電話 072-973-0423
FAX 072-973-0423

【主な産地】
柏原市

作業風景の画像【主な製品】
張り子の虎、だるま、面、獅子頭、天神、十二支干支等

【製造工程】

  1. 和紙
  2. 紙付け
    小麦粉を炊いて糊を作り和紙を数枚張り合わせる
  3. 木地張り
    和紙をよく揉んで、木型に貼る
  4. 木地
    乾燥の後、切り込みを入れて中の木型を取り出す
  5. 木地拵え
    木地に胴、足をつける
    頭に耳、歯をつける
  6. 胡粉塗り
    胡粉と膠を合わせた液をつけよく乾燥させる
  7. 着色
    絵の具・刷毛等で模様を描く
  8. 仕上げ
    頭に髭、重りをつける
    胴に頭をぶら下げる
    “ひっかけ”を釘でつける

このページの作成所属
商工労働部 中小企業支援室ものづくり支援課 販路開拓支援グループ

ここまで本文です。