曲げ物

更新日:平成30年3月26日

曲げ物
まげもの
Magemono (Wooden Round Container)
(Non-certified Traditional Osaka Craft Products)

曲げ物の画像【沿革・特徴】
 曲げ物は、古代・中世を通じて庶民の日常生活用具として広く用いられていました。
 芳精堂は、創業天保三年で五代にわたり曲げ物を製造しており170年の歴史を有していると言われている。
 曲げ物は、現在、大阪の他に大館、京都、伊勢、博多などで製造されている。

【History】
 Magemono has been widely used in the daily lives of commoners since ancient times.
 “Hoseido”, a shop specializing in Magemono, has produced Magemono since it was founded in Edo period. It is said that Hoseido has a 170-year history, spanning over five generations.
 Magemono is now produced in areas other than Osaka including Odate (Aomori Pref.), Kyoto, Ise (Mie Pref.), and Hakata (Fukuoka Pref.)

【産地組合等】
芳精堂
〒537-0023 大阪市東成区玉津2−16−14
電話 06-6971-2761
FAX 06-6971-8353
URL http://www.houseido.com/about/index.html(外部サイト)

【主な産地】
大阪市

【主な製品】
曲げ物

【製造工程】

  1. 製材(木曽桧)
  2. 木取る
  3. 削る(手鉋)
  4. 曲げる(熱湯)
  5. 陰干し
    2日から3日程度行う
  6. 接着
    桜の皮で止める
  7. 仕上り

このページの作成所属
商工労働部 中小企業支援室ものづくり支援課 販路開拓支援グループ

ここまで本文です。