深江の菅細工

更新日:平成30年3月26日

深江の菅細工 (大阪府知事指定伝統工芸品)
ふかえのすげざいく
Fukae Sedge Handwork
(Traditional Craft Products Certified by the Governor of Osaka Prefecture)

菅細工の画像【沿革・特徴】
 約2000年前、深江地区(大阪市東成区)に繁茂する良質の菅を求めて大和から移住し、笠などの細工物を作ったのが始まりと言われている。
 近世になって、お伊勢参りの道中安全を祈って菅笠を買い求める習慣があり、当時は相当繁栄していた。現在は、各種の菅細工のほか、伊勢神宮式年遷宮御料菅御笠・御翳の奉製に従事している。

【History】
 It is said that Fukae Sedge Handwork began about 2000 years ago when people moved to Fukae area (current Higashinari-ku, Osaka City) from Nara seeking high quality sedges, and made handicrafts such as Sugegasa, sedge-woven hats.
 Since the Meiji era (19C-20C), it had been a popular custom to buy Sugegasa when visiting Ise Shrine, praying for a safe journey. Currently various kinds of sedge handicrafts and offerings to Ise Shrine are produced.

【指定年月日】
平成28年10月31日

【産地組合等】
深江菅細工保存会
〒537-0002 大阪市東成区深江南3−5−17
電話 06-6971-9964
FAX 06-6971-9964
URL http://www.fukae-suge-zaiku.jp/(外部サイト)

【主な産地】
大阪市

【主な製品】
菅笠、円座、釜敷、煎茶敷、色紙掛等

作業風景の画像【製造工程】

  1. 水に湿らす
  2. ゴザに巻く
    半日程度
  3. 水分を落とす
    約1時間程度
  4. 硫黄で蒸す
    室へ入れて、4時間から5時間程度
  5. 菅を編む
  6. 乾燥

このページの作成所属
商工労働部 中小企業支援室ものづくり支援課 販路開拓支援グループ

ここまで本文です。