平成29年度新分野・ニッチ市場参入事業化プロジェクト募集のご案内

更新日:平成29年4月10日

平成29年度新分野・ニッチ市場参入事業化プロジェクト募集のご案内

  中小企業において、自社が所有する新技術・新製品の市場分析や生産戦略の策定を行う人材が不足している現状を踏まえ、MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)では、新技術・新製品の新規市場開拓や販路拡大を進めるための伴走的支援を行います。
  支援を希望する府内ものづくり企業のプロジェクトを下記のとおり募集し、採択されたプロジェクトについては、大阪府が委託する事業者が、開発から事業化まで必要となる支援を連続して効果的に実施します。 

平成29年度新分野・ニッチ市場参入事業化プロジェクト募集案内 [Wordファイル/73KB]


平成29年度新分野・ニッチ市場参入事業化プロジェクト提案シート [Excelファイル/43KB] 

1.新分野・ニッチ市場参入事業化プロジェクト公募分野(募集期間:平成29年4月10日(月曜日)から5月11日(木曜日))

公募分野         

内  容

ニッチ市場開拓分野

潜在的な需要があるにもかかわらず他社が気付かない市場又は市場規模が小さいため、大手企業が参入しない隙間となっている分野へ展開するプロジェクト

高効率・省力化市場開拓分野

従来の技術・製品を著しく凌ぐ機能・効率化・省力化等の新技術・新製品を活用して、既存市場に参入するプロジェクト

新技術・技術応用市場開拓分野

新技術・新製品あるいは従来技術・製品を他分野に展開することによって、新たな市場を創造するプロジェクト

 

2.対象者

大阪府内に主たる事務所を有し、製造業を主たる事業とする中小企業者又は共同事業体の代表者
※ ただし、食料品製造業、飲料・たばこ・飼料製造業を除きます。


府内に主たる事務所(登記簿上の本店)を有し、中小企業基本法(昭和38 年法律第154 号)第2条第1項第1号に規定する製造業に属する事業を主たる事業として営む者(注1)とする。ただし、みなし大企業(注2)は除く。共同事業体の場合は代表企業が対象者としての要件を満たすこと。

(注1)

主たる事業として営んでいる業種資本金・従業員規模
製造業3億円以下 又は 300人以下

 (注2)みなし大企業
   次のいずれかに該当する中小企業者
    ・発行済み株式の総数又は出資価格の総額の2分の1以上を同一の大企業が所有する。
    ・発行済み株式の総数又は出資価格の総額の3分の2以上を大企業が所有する。
    ・大企業の役員又は職員を兼ねている者が、役員総数の2分の1以上を占める。

 3.プロジェクト採択審査(採択予定5件) 平成29年8月頃

  採択の視点:高い事業化可能性/市場インパクト/ビジネスモデル新規性/波及効果/事業執行体制/社会課題の解決 等 

 4.プロジェクト採択を受けた事業への支援  平成29年9月頃から平成30年6月頃まで

 産業化に至る障壁を乗り越えるため、開発から事業化までの段階に必要となる支援を連続して効果的に実施します。実施に際しては、府が選定した事業者に委託します。

 ※支援の詳細は添付の募集案内をご覧ください。

 5.プロジェクトの提出方法(平成29年5月11日(木曜日)午後6時締切)

 「平成29年度新分野・ニッチ市場参入事業化プロジェクト提案シート(エクセル)」に提案内容を記載し、件名に「新分野・ニッチ市場参入事業化プロジェクトの応募:企業名」と記載した上でsangaku@gbox.pref.osaka.lg.jpまで電子メールで提出してください。

 6.その他留意事項

 ○ ご提出いただいたプロジェクト提案については、採択までの間に、委託先事業者によるヒアリング等の事前審査をする場合があります。また、必要に応じて直近2か年分の財務諸表の提出を求めることがあります。
 ○ 採択したプロジェクトについては会社名及び事業概要を公表いたします。また、事業化ノウハウとして、事業成果を可能な範囲で広報・普及させていただくことがあります。その際、支援実施企業として発表をお願いすることがあります。
 ○ 事業化可能性が高い提案が一定数(5件)確保できなかった場合、後日再募集することがあります。

 7.お問合せ先

  〒577−0011 東大阪市荒本北1−4−17 クリエイション・コア東大阪 北館1階
 MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)
 大阪府商工労働部中小企業支援室ものづくり支援課産学官連携推進グループ 担当:山田・中川
 電話 06−6748−1055 FAX 06−6748−1062 電子メール: sangaku@gbox.pref.osaka.lg.jp

このページの作成所属
商工労働部 中小企業支援室ものづくり支援課 産学官連携推進グループ

ここまで本文です。