御堂筋オータムパーティー2017

サブメニューを飛ばして本文へ

ここから本文です。

更新日:平成29年11月6日

御堂筋オータムパーティー2017

 御堂筋パ−ティ−2017実行委員会(構成団体=大阪府、大阪市、経済団体等)では、大阪のメインストリートである「御堂筋」において集客力のあるイベントを実施することで、大阪の魅力を国内外にアピールする御堂筋オータムパーティー2017を開催します。

御堂筋オータムパーティー2017 御堂筋ランウェイ公式サイト

イベントの最新情報は公式サイトにアップしていきます!

お知らせ

開催概要

開催日時

 開催日時:平成29年11月12日(日曜日)14時から16時まで
 開催場所:御堂筋(久太郎町3交差点から新橋交差点)
 最寄り駅:地下鉄各線「本町」「心斎橋」
       ※南海電鉄をご利用の方は「なんば」、近鉄電車・阪神電車をご利用の方は「大阪難波」で地下鉄に乗り換えてください。
       ※京阪電車をご利用の方は「淀屋橋」、阪急電車をご利用の方は「梅田」で地下鉄に乗り換えてください。

 ※雨天決行。ただし、雨天の場合は一部催しが中止となる場合があります。
 ※荒天の場合は開催を中止します。

イベント内容

 昨年の「御堂筋ランウェイ」では、『時空を超える旅』をテーマに、大阪の過去・現在・未来を、エンターテインメントで表現。400メートルを超えるレッドカーペットのランウェイを設置し、25万人の観衆を盛り上げました。
 今年の御堂筋ランウェイでは、『御堂筋から未来へつながるスポーツとパフォーマンスの祭典』をテーマに実施します。大阪では、ラグビーワールドカップ2019、2020年東京オリンピック・パラリンピック、ワールドマスターズゲームズ2021関西が連続で開催される「ゴールデンスポーツイヤーズ」を迎えるとともに、さらに、「2025年日本万国博覧会」の大阪・関西への誘致など、日本、大阪が盛り上がっていく中、未来に繋がる躍動・希望を発信します。
 御堂筋の中央に緑に染まった400メートルの“フィールド・ランウェイ”が出現。オリンピックや世界陸上など、世界の舞台で活躍を続ける現役トップアスリートのアリソン・フェリックスさんが御堂筋を駆け抜けます。また、大阪出身の元メジャーリーガー黒田博樹さんらによる「400メートルリレーキャッチボール」は、臨場感たっぷりで迫力満点です。
 メインステージでは、「ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)」の荻野目洋子さんによるスペシャルステージ。そして、バブリーダンスで話題の大阪府立登美丘高校ダンス部の現役部員とOGの総勢100名による壮大なパフォーマンスショー。さらには、岡崎朋美さんらが緑のランウェイでスポーツアパレルファッションショーを繰り広げます。
 その他、バトン世界王者の平井夢乃さんらによるパフォーマンス、世界選手権銀メダリストの長崎峻侑さんによる大トランポリンショー、世界王者安床ブラザーズによるインラインスケートパフォーマンス、国際大会で優勝経験を持つ吉田望さんによる迫力のラートショー、OSK日本歌劇団によるパフォーマンスなど、400メートルに拡がる様々なプログラムでお楽しみください。
 上記以外の出演者の追加発表も予定していますので、ご期待ください。
 また、会場の南側エリアでは、完成当時(80年前)の御堂筋の街並みを再現するとともに、御堂筋の未来の姿をテーマとした「みんなの芝生広場」空間を創出し、未来の御堂筋を体感できる空間づくりを行います。飲食ブース・ケータリングカーでお食事が楽しめるコンテンツもご用意しております。

 ポスター

2025大阪万博誘致アンバサダー ダウンタウンさん出演のお知らせ

 この度、この御堂筋ランウェイにダウンタウンさんの出演が決定。御堂筋に敷かれた400メートルのフィールド・ランウェイを歩きながらトークを行うとともに、2025大阪万博誘致アンバサダーとして、知事ら関係者と万博PRを展開します。

ダウンタウンさん

交通規制のお知らせ

 イベント開催当日は、下記のとおり交通規制を実施します。また、自転車に乗車してイベント会場内に入ることはできません。

  交通規制の日時:平成29年11月12日(日曜日) 12時30分時頃から19時30分頃
  規制区間:久太郎町3交差点から新橋交差点

  交通規制チラシはこちら [PDFファイル/397KB]

過去のイベントの様子

  御堂筋オータムパーティー2016御堂筋ランウェイ 当日の様子 リレー 御堂筋オータムパーティー2016御堂筋ランウェイ 当日の様子 歌舞伎 御堂筋オータムパーティー2016御堂筋ランウェイ 当日の様子 南エリア

このページの作成所属
府民文化部 都市魅力創造局魅力づくり推進課 魅力推進・ミュージアムグループ

ここまで本文です。