大阪ストーリープロジェクトについて

更新日:平成29年6月1日

事業概要

大阪府の状況と課題

近年、訪日外国人(インバウンド)を含め多くの方に大阪を訪れていただいておりますが、最近では旅行形態やニーズの多様化が進んでいます。現状では、旅行者の訪問先は知名度の高い観光コンテンツが多く、交通の便が良い都市部に集中していますが、こうした旅行者をいかに府域へ誘客していくのかが課題となっています。

本事業の目的

本事業では、観光集客の面でポテンシャルが高いコンテンツについて、テーマごとにストーリーとしてとりまとめ発信し、府域への誘客を実現させることを目的としています。府域への誘客が進むことで、観光産業や地域経済の活性化、地域の魅力あるまちづくりの促進を目指します。

補助制度

誘客のための取組みを集中的・一体的に進めるため、市町村等に対して以下の事業に係る経費の一部を補助します。

  • 魅力づくり事業
     例.体験プログラムの創出や、ストーリーに対応した解説板の整備等
  • 受入環境整備事業
     例.ストーリーを巡る交通手段の確保・充実や、多言語対応の充実に係る整備等

 ※詳細は後日掲載します

ストーリーの検討

ストーリーの検討にあたって、「大阪ストーリープロジェクトワーキンググループ」を立ち上げ、観光や地域の魅力発信に関する下記の専門家にアドバイザーとして参画いただき、関係部局と連携しながら検討を進めてまいります。

(五十音順・敬称略)

氏名

所属・職名

小田切 聡株式会社インプリージョン 代表取締役社長
栗本 智代大阪ガス株式会社 CELエネルギー・文化研究所 主席研究員
清水 苗穂子阪南大学国際観光学部 教授
三澤 茂毅株式会社フリープラス 地方創生本部長

ワーキンググループの概要

回数

概要

資料等

第1回

(議題)
1 大阪ストーリープロジェクトについて

会議資料 [PDFファイル/241KB]

議事録 [Wordファイル/18KB]

このページの作成所属
府民文化部 都市魅力創造局魅力づくり推進課 魅力推進・ミュージアムグループ

ここまで本文です。