「アドプトフォレスト天見」を開催しました(タカシマヤ一粒のブドウ基金)

更新日:平成29年12月27日

平成29年11月19日(日曜日)、河内長野市天見でアドプトフォレスト活動が実施されました。

当日は小雨が降る中での活動でしたが、株式会社高島屋から11名、活動を支援するNPO法人森林ボランティアトモロスから13名が参加し、森づくり活動を行いました。

しっかりラジオ体操をした後、2班に分かれて山に入りました。

開会のあいさつラジオ体操

午前中の主な作業は、間伐作業と伐倒後の枝払い、玉切りです。

ただ木を切るだけでなく、間伐木の選定の仕方や鋸の使い方など、一から丁寧に指導を受けました。

間伐木の選定理由の説明鋸の使い方を指導

午後からは植樹したサクラ・ケヤキの剪定、劣勢木や成長阻害木の伐採、作業道の下草刈りを実施しました。

下草刈りの様子

作業後、これまでのアドプトフォレスト活動で植樹した木々の成長が感じられ皆さん大喜び。

下草刈りの様子

これからの成長がとても楽しみです。

皆さん、怪我なく無事に活動を終えることができました。

集合写真

次回は平成30年春に開催予定です。

このページの作成所属
環境農林水産部 南河内農と緑の総合事務所 みどり環境課

ここまで本文です。