「アドプトフォレスト天見」を開催しました(タカシマヤ一粒のブドウ基金)

更新日:平成29年10月30日

平成29年4月16日(日曜日)、河内長野市天見でアドプトフォレスト活動が実施されました。

当初予定日の9日が雨天順延となったため、規模が縮小されましたが、株式会社高島屋から2名、活動を支援するNPO法人森林ボランティアトモロスから14名が参加し、2班体制で森づくり活動を行いました。

高島屋事務局から開会のあいさつの後、準備体操をして、山に入りました。

開会のあいさつ

主な作業は、日照阻害木の伐採、アプローチ道の整備、ベンチの設置です。

作業の様子

伐採は手作業で実施しており、木も斜面にあるため一苦労です。

間伐作業を行うことで、森に光が差すようになりました。

森の中から空を見上げた様子

お昼休みの休憩時間、山腹からの一コマ。

山腹からの景色

午後はアプローチ道の整備とベンチ整備を実施しました。

アプローチ道の整備を行う様子作業している様子

皆様の協力の下、怪我なく無事に作業を終えることができました。

集合写真

次回は平成29年秋に開催予定です。

このページの作成所属
環境農林水産部 南河内農と緑の総合事務所 みどり環境課

ここまで本文です。