千早赤阪村農の活性化プロジェクト

更新日:平成30年3月2日

新着情報

 ・平成29年8月10日   「千早赤阪村農の活性化プロジェクト」発表会を開催しました!

 

千早赤阪村農の活性化プロジェクト

千早赤阪村は人口減少・高齢化が進展しており、平成26年度には過疎地域として公示され、現在、「過疎地域自立促進計画」(平成26年度)や「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定(平成27年度)し、産業の活性化や定住人口の確保に向けた取組を進めているところです。

 農業の分野では、農家の減少が加速化している厳しい状況にはあるものの、その一方で意欲のある新規就農者の参入や、棚田100選に選ばれた下赤阪の棚田での熱心な保全活動など、大きな可能性が秘められています。

 こうした中、千早赤阪村と大阪府では、金剛山系の豊かな自然環境と大阪市内から1時間のアクセス利便性など「村」の特徴を活かし、「農」を通じて村の活性化を図るため、「千早赤阪村農の活性化プロジェクト」を展開することになりました。

      3つのプロジェクト                ねらい

  南河内いちごの楽園プロジェクト        農を通じた南河内地域の活性化
                                     新規就農者の育成・確保によるいちごの産地化
                                     いちごの観光農園化等による地域の魅力づくり    

 
 企業の農業参入誘致プロジェクト         企業参入による新たな雇用の場づくり        

  棚田での府民活動促進プロジェクト        村外からの交流人口の拡大
                                     千早の棚田の更なるPRの推進    


「千早赤阪村農の活性化プロジェクト」発表会を開催しました!

 本プロジェクトを府民に広く周知するとともに、民間企業等の皆さんに本プロジェクトの応援団として参画していただくため、発表会を開催しました。

  • 日時       平成29年8月10日(木曜日) 14時00分から14時30分まで
  • 場所       くすのきホール 2階会議室
  • 主な出席者   千早赤阪村 松本村長
              大阪府    竹柴環境農林水産部長
              JA大阪南  井之上営農指導部長
              地元関係者

 プロジェクトに関する説明・意見交換  記念撮影

      ▲プロジェクトに関する説明・意見交換                    ▲記念撮影

このページの作成所属
環境農林水産部 南河内農と緑の総合事務所 地域政策室

ここまで本文です。