民間との連携

更新日:平成27年9月9日

民間との連携

ネーミングライツ方式など民間資金によるみどりづくり 

大阪府では、「みどりの風を感じる大都市・大阪」の実現に向けた取り組みとして、民間資金により緑化施設の計画、整備、維持管理、事業期間終了時の撤去等を一体的に行うことを条件に、整備した緑化施設については企業名・商品名を載せた名称をつけることができる、「ネーミングライツ方式」によるシンボリックなみどりの創出を進めています。

 仮囲い(万能塀)の緑化など、建設現場のみどり化を進めています

みどりの風促進区域での緑化に協力いただいている「社団法人日本建設業連合会 関西支部」様と、建設現場の緑化や地域への緑化施設の提供などに努める旨の協定を平成25年3月28日に締結しました。これより、まちの「緑視率」を高め、府民が実感できるみどりを創出できるものと期待しています。

ミツバチが暮らすみんなで育てる花いっぱいまちづくりプロジェクト

企業や地域の皆様との協働で小学校の子どもたちが花を育てる「ミツバチが暮らすみんなで育てる花いっぱいまちづくり
 プロジェクト」を進めています。

梅田ミツバチプロジェクトとの連携

大阪府では、都市での養蜂活動が注目される中、「梅田ミツバチプロジェクト」と連携し、ミツバチの蜜の供給源である草花や樹木など、都心にみどりを増やす取組みを推進しています。

都心部での地域連携によるみどりづくり 

大阪府では、「みどりを感じる大都市・大阪」の実現に向けて、企業や府民の皆様とともに、みどりづくりの多様な連携を行っています。

「竹内街道・花回廊」プロジェクト −竹内街道・横大路1400年活性化プロジェクト―

街道の新たな魅力づくりとして、街道沿道の地域の皆様との協働で、年間を通じ、季節の花で街道を飾る取組み「竹内街道・花回廊プロジェクト」を進めています。

このページの作成所属
環境農林水産部 みどり推進室みどり企画課 都市緑化・自然環境グループ

ここまで本文です。