芝生化ガイドブック

更新日:平成29年7月13日

 

 

メニュー
芝生のページ(トップページ)
ボタン芝生の効果・活用紹介
 ボタンみどりの基金事業について
 ボタン

芝生を敷いてみましょう>芝生化ガイドブック

芝生化ガイドブック

芝生化を考えている方々に、はじめて芝生のお話をすると、「グラウンドを芝生化すると、維持管理が大変そう」「芝生の手入れの方法がわからない」等々のご質問をよく受けます。芝生の敷設から維持管理、みなさんからよく聞かれるご質問等をまとめましたので、参考にしてください。

目 次

こうもく

芝生を敷いてみましょう(芝張り)へ

地域の方によるエアレーション作業の写真

こうもく

芝生を敷いてみましょう(維持管理)へ

こうもく

年間スケジュールの例へ

こうもく

FAQ(よくある質問)へ

こうもく

芝生の用語集へ

こうもく

チェックシート(これからグラウンドに芝生を敷こうという方へ)

 

印刷用ページ「芝生化ガイドブック」  [PDFファイル/841KB]


芝生を敷いてみましょう(芝張り)

1

土壌改良

土壌改良中の写真

芝生を張る前に、土壌改良が必要です。土のグラウンドに直接芝生を張ったとしても、カチカチで根付きません。
ほぐした後、土壌改良材を混ぜて、芝張りに備えます。
(建設重機が必要となりますので、業者施行が一般的です)

2

芝張り

さあ、芝生を張りましょう。芝と土のあいだに隙間があると、根が乾燥し、枯死してしまいますので、芝と土が密着するよう丁寧に張ってください。

芝張りの様子の写真

芝張り後の様子の写真

地域の方たちと手分けをして芝張りをしています

芝張り後の様子(互い違いに張っています)

※「大阪府公立小学校の運動場の芝生化推進事業」、「大阪府大規模芝生化実施校助成事業」を実施する場合、地域の皆さんで芝張りをしていただくことが必要です。

3

圧着と目土かけ

芝張りの後、土と芝を定着されるために圧着します。圧着すると凸凹が少なくなります。
その後、芝が充分に栄養補給できるように目土かけをします。
目土は芝生全面に平均的にまき、ほうきやトンボ等で刷り込みを行います。

ローラーによる圧着の様子の写真

目土かけ後の写真

ローラーで圧着しています

トンボ等で目土をかけました

4 

水遣りと養生

芝張り作業後は、たっぷりと水遣りをしてください。その後、2から3週間は養生する必要があります。
整備後2週間程度は芝生がいつも水分を含んだ状態を保つため毎日、朝夕水遣りをしてください。
その後は2日に1回、4日に1回というように徐々に水遣りの頻度を低くし2から3ヶ月後には1週間に1回程度の灌水にまで減らします。できるだけ少しの水で育つ強い芝生に育てましょう。
水遣りの目安は、乾燥して芝生の葉が丸まって針のようになると限界ですので、すぐに水遣りをしてください。

冬芝播種(オーバーシード)

通常、夏芝は冬季には休眠するので、冬には少し枯れたように見えますが、春になれば、また緑にもどります。
1年をとおして、青々とした芝生を維持したい場合には、9月末から10月末の間に冬芝播種(種まき)を行います。
播種量は校庭の場合、35から50g/m2が目安です。播種後3週間程度養生が必要になります。

▲ページの先頭へ

芝生を敷いてみましょう(維持管理)

水遣り

基本は雨水のみが目標です。ただし、夏の時期に日照りが続くときには水遣りをしてください。
また、運動会やバザーなどの行事等激しく使用した後や施肥、芝刈り後には水遣りをしてください。遣り方は1平方メートルに5リットル程度。芝生の根まで水をしみこませるように遣ってください。

芝刈り

夏芝の芽が動き始めるころ(4から5月ごろ)は、冬芝を2から3センチ程度の高さに頻繁に刈り込み、夏芝に日光をあて生長を促します
それ以外の期間は、5センチを目安に、伸びてくれば刈るようにして下さい。
(使用頻度が高い場合は芝刈りが必要ない場合もあります)

エアレーション

5月頃の生長が盛んになる前、秋のオーバーシード実施の際に実施するのが良いようです。
校庭の芝生の場合、1年から数年に1回おこなえば十分です。
なお機械を使わず、人力でフォーク状の道具を使っても行うことができます。

機械で地面に穴をあけている写真

ローンスパイクによるエアレーション作業の写真

エアレーションの後の写真

機会で地面に穴をあけています

ローンスパイクによるエアレーション作業

エアレーションの実施後

部分目土

芝生が部分的にはげた場合に、その箇所に部分的に目土かけをおこない、しばらく養生して回復を促します。目土の量としては、芝生の状態、芝生の種類などによっても違いますが、1回あたり5mm程度が目安です。

施肥(肥料やり)

芝生は、窒素(N)、リン(P)、カリウム(K)を十分に補給する必要があります。肥料には速効性肥料と緩効性肥料があります。一箇所に肥料をやったりすると、肥料焼けをおこしたりもするので均一にまくようにしてください。

芝生の補修

芝生は踏圧に弱いので、使用頻度が高かったり、よく通る場所については、芝が剥げてしまいがちです。芝生が弱ってきたら、しばらく休ませ、養生します。
ダメージが大きい場合には、張り芝やポット苗の植え込みなどによって補修します。
校庭の一角に補修用の芝生を確保したり、ポット苗を育苗しておくとよいでしょう。 

年間スケジュールの例


すでに芝生化した学校の維持管理の年間スケジュールの例を掲載しています
基本的な作業は一通り含めていますが、芝刈りや水遣りなどの作業はかなり抑えたものになっています。
こちらを参考に独自の年間スケジュールを作ってみてはいかがでしょうか。

芝生維持管理スケジュール  


 芝生維持管理計画スケジュール [PDFファイル/30KB]

▲ページの先頭へ

FAQ(よくある質問)

どのような芝生を目指したらよいでしょうか

芝生づくりと言っても、いろいろな考え方があります。
利用を制限しながら美しい芝生を目指すのもよいでしょうし、子どもが使うのだから剥げてもかまわないと割り切るのか、雑草も生えてもかまわないと考えるのか。それによって、維持管理の費用や労力は異なったものになります。
また、目指す芝生によって植える場所も変わってきます。
まず、地域の緑化組織のメンバー(学校、地域、PTA等)でどのような芝生を目指すのか、どのような芝生なら続けられそうなのかを話し合ってみてください。

地域の緑化組織とはどのようなものでしょうか

地域住民・PTA、NPO・民間企業等で構成される当該地域の緑化活動を実施する組織のことをいいます。
芝生を維持管理していくためには、学校だけではなく、地域の協力が欠かせません。
また、最初の芝張りの時だけでなく、敷設後の維持管理についても協力しあう体制作りが重要となってきます。

運動場が狭くても芝生化はできますか

芝生は生き物です。子どもたちに踏まれ続けると擦り切れてなくなってしまいます。運動場の芝生化をするためには、生徒一人あたりの運動場の面積が20平方メートルが理想で、10平方メートル程度が限界であると言われおり、これらを下回る場合は芝生を設置する場所を限定したり、使用のルールを設けるなどの工夫をすることにより、芝生化が可能です。

ボタン

校庭の芝生化に適している種類はありますか。

校庭の芝生化では、暖地型のコウライシバ、ノシバ、バミューダグラス、ティフトン(改良バミューダグラスの代表種)などが一般に使われています。
なかでも、ティフトンは繁殖力が強く、踏圧と擦り切れ等のダメージからの回復が早いため、サッカー場、スポーツ競技場、ゴルフ場などで広く利用されており、踏圧の激しい小学校に適していると言えます。

ボタン校庭の芝生化には、どのような方法がありますか。

校庭を芝生化する方法として、芝生の種子をまいて芝生化する「播種工法」や四角にカットされた芝生を張っていく「張芝工法」があります。
また、ティフトン芝のポット苗を植付ける「ポット苗工法」があり、この数年間で全国的に広がりを見せています。ただし、利用人数が多すぎたり、面積が狭すぎる場合は、踏圧が原因で剥げてしまうケースも多く、特に児童数の多い大阪府内の小学校では、実施する際、植え付けてから、夏場でも養生期間を3ヶ月間程度確保したり、痛んできた場合、速やかに立入りを控えるなど対策が必要です。

芝生化の費用はどの程度かかりますか

大阪府が想定する標準的な整備の単価は1平方メートル当たり5,300円です(土壌改良15cm程度、張芝による施工、スプリンクラーの設置費を含む)。ただし、芝生施工地の土壌改良をどれくらいの深さまで行うか、芝張りの方法、またスプリンクラーの設置の有無などで費用は変わってきます。
維持管理については、管理を全て自力で行う場合は、1平方メートル当たり100円程度で実施することも可能です(但し、水道代は除く)。
 【参考】維持管理に必要な資材費の内訳 1000平方メートル当たりで計算
     ○肥料・・・・  22,500円程度
     ○目土・・・・  30,000円程度
     ○冬芝の種・・40,000円程度
     ○燃料・・・・   5,250円程度
             計97,750円程度
     1平方メートル当たり・・・・100円 

ボタン

請負工事を発注する際に、どのような注意をすればよいですか。

発注に先立って複数の業者から見積もりを取って比較することにより、適当な価格であるかを確認することが望ましいと考えます。
また、請負工事の契約にはかし担保に関する事項を記載することが望ましいと考えます。
見積依頼書、契約書の例を掲載していますのでご参考にしてください。

芝張りの時期を教えてください

基本的には夏芝を施工することになると思います。
夏芝は4月頃から生長を開始し、7から8月が最も生長が盛んになります。春植えとして、3月以降に施工するのが良いですが、学校行事も考えれば、6月に施工するのが一番良いのではないでしょうか。
6月の梅雨の時期、7、8月の夏休みを上手く養生期間として活用できるのも大きなメリットです。

芝生の維持管理の年間スケジュールを教えてください

「年間スケジュール」の例を掲載していますので、参考にしてください。
学校行事を組み込んだ予定をたてるとよいでしょう。

養生のコツはありますか

小学校の校庭を全面的に何週間も閉じてしまうと、子どもたちの遊び場が減ってしまいます。
例えば、半分ずつ養生したり、傷みが激しい部分だけを養生させたりするとよいでしょう。また、半分ずつ養生しやすいように、敷設場所を考えてみてはいかがですか。

継続的な活動を持続させるにはどうしたらよいですか。

特定の人に偏った維持管理では長続きしません。地域の緑化組織を結成するときに、維持管理のことも含めしっかりとした協力体制を組んでおくことが大切です。また、新規の協力者の参加を促す工夫も大切です。芝生の利用を通じ、芝生のよさを理解してもらうことで協力者が増えていくことが期待できます。
特定の人に偏った維持管理では長続きしません。地域の緑化組織を結成するときに、維持管理のことも含めしっかりとした協力体制を組んでおくことが大切です。

特定の箇所だけ芝生が剥げてしまいます。どうしたらよいでしょうか

校庭の一角に補修用の芝を確保しておくとよいでしょう。
剥げた部分には、ここから芝生を持っていき、補修しましょう。夏芝は横に伸びますので、少量でも大丈夫です。
また、鉄棒の下に保護マットを敷いている学校もあります。サッカーゴールは定期的に移動させるなど工夫するのもよいでしょう。
しかし、補修してもキリがない場合は、敷いた場所が悪かったと、あきらめるのも考え方の一つです。

鉄棒の下に保護マットを敷いている写真

(保護マットの使用例 )

▲ページの先頭へ

芝生の用語集

 

養 生

芝生は頻繁に利用していると、傷む量が生長する量より大きくなることがあります。
そのままどんどん利用を続けると芝生は無くなっていってしまいます。それを防ぐために、 芝生の利用を一時控えたりすることを養生といいます。

エアレーション

芝生を長い期間、利用していくにつれ踏圧により土壌が硬く締まり、古い根も多い状態になっていきます。
そこで、芝生に穴をあけ、通気作業を行い、大気中の酸素を取り入れ、根の生長を促すことをエアレーションといいます。

オーバーシード

大阪では、夏芝は冬季休眠してしまい、芝生地は枯れたような茶色になってしまいます。
冬季にも青々とした芝生地とするため、また、夏芝の保護のために夏芝の上から冬芝の種を撒くことをオーバーシード(ウィンターオーバーシード)といいます。

目土かけ

芝生に土や砂を撒くことを目土かけと言います。目土かけを行うことで、芝が根を張る場所を増やし、乾燥を防ぎ栄養を多く補給できるようになります。また、目土かけを行うことで芝生地のデコボコをなくすという目的もあります。

夏芝(暖地型芝草)

芝の生長が7から8月にピークを迎え、逆に冬場は休眠して芝生は枯れたような茶色になります。このような温暖な地域に適応している芝生を夏芝(暖地型芝草)と言います。
夏芝にはノシバやコウライシバ、バミューダグラスなどがあります。よく使われるティフトンはバミューダグラスの一種です。

冬芝(寒地型芝草)

芝の生長が春先と秋の2回生長のピークを迎え、逆に夏場は枯れてしまいます。
このような冷涼な地域に適応している芝生を冬芝(寒地型芝草)と言います。主に、冬季のオーバーシードに用いられます。ケンタッキーブルーグラスやトールフェスク、ペレニアルライグラスなどがあります。

▲ページの先頭へ

チェックシート

運動場の芝生化に取り組むにあたり、地域の緑化組織のみなさんで、チェックしてみましょう。


  運動場の芝生化チェックシート(これから校庭を芝生化される方へ)

地域の緑化組織について

どのような芝生づくりするか、決まっていますか

芝生を敷設するときだけの、団体になっていませんか

継続した活動を想定していますか

一部の方だけに負担になるような、活動になっていませんか

芝生を敷く

芝生を敷く場所は決まりましたか

子どもたちの導線(よく通るところ)に芝生を敷く計画になっていませんか

養生期間のことを考えた敷設計画になっていますか

芝生を敷く時期は決まりましたか(学校行事を勘案した計画になっていますか)

芝生を管理する

水遣りはどなたが担当されるか決まっていますか

芝刈りはどのようにしておこないますか(動力式または手動式)

エアレーションは行う予定ですか

冬芝を蒔く予定がありますか

ボタン

維持管理の費用について確保する目処は立ちましたか

専門知識

専門知識を収集する方法はありますか


   
 ▲ページの先頭へ


  

このページの作成所属
環境農林水産部 みどり推進室みどり企画課 都市緑化グループ

ここまで本文です。