おおさか生物多様性ひろば

更新日:平成29年10月3日

【項 目】

特定外来生物「ヒアリ」及び「アカカミアリ」に関するお知らせ New!


おおさかの森里川海 リーフレット New!
 大阪にも素敵な森里川海があるのはご存知ですか。また、おおさかの森里川海を学べる施設もたくさんあります。
 こんなところがあったのかと知ってもらうところから、おおさかの生物多様性に触れてみませんか。
 ダウンロードはこちら⇒ リーフレット表 [PDFファイル/1.28MB] リーフレット裏 [PDFファイル/1.29MB]
                リーフレット両面 [PDFファイル/2.15MB]

 (印刷方法)A3サイズ 両面印刷 短辺とじ 折り方 [PDFファイル/6KB]


おおさか生物多様性普及啓発キャンペーン New!
  私たちの暮らしと密接につながっている生きものの豊かな恵みを考えてみませんか?
 いろいろな生きものの豊かな命のつながりが生物多様性です。
 大阪府内の生きものや自然についてもっと知っていただきたい!そんなキャンペーンを展開しています。
    
知ろう・伝えよう おおさかの生物多様性
 おおさかの生物多様性について、学び、伝えるための研修プログラムを作成しました。
 教員や企業の環境担当者のみなさま、ぜひご活用ください!
 

多奈川ビオトープ自然観察会 New!
 岬町多奈川地区多目的公園内にある多奈川ビオトープに生育・生息している「生きもの」を観察しながら、生物多様性や
 自然の恵みを学ぶ「多奈川自然観察会」を開催しています!
 
おおさか生物多様性パートナー協定
 産学官が協定を結ぶことにより、企業に対する支援体制を強化し、企業の自主的な生物多様性保全活動をより一層促進し、
 企業価値の向上を図ります。また、その重要性について、広く府民に普及啓発します。

共生の森づくり活動
 堺第7−3区は、昭和49年2月から平成16年3月まで30年間に渡り府内の産業廃棄物を受け入れ埋立てしてきた大阪府
 堺臨海部の産業廃棄物埋立処分場です。
   
  この産廃処分である堺第7−3区(約280ヘクタール)のうち、市民・NPO等の参加のもと森として整備することが位置づけられた
  100ヘクタールの区域を「共生の森」 として整備を進めています。
  共生の森では、産業廃棄物の受け入れを終了した平成16年より植栽及び草刈りイベントの開催等により森づくりを推進しています。

大阪府における保護上重要な野生生物 レッドリスト
   野生動植物を保全するための資料です。     

大阪の自然環境
  大阪府に生息する身近な野生生物から、希少な野生動植物、外来生物種まで、生きもの全般に関する情報を提供します。

生物多様性保全基金
   大阪府では、皆様からのご寄付により、生物多様性保全の事業を実施しています。生物多様性を保全するため、
  皆様からのご寄付をお待ちしています。
 
企業のみなさまに生物多様性保全に取り組んでいただくために    New!
 大阪府等の主な施策や企業の取り組み事例等を紹介するガイドブックを作成しています。
 CSR(企業の社会的責任)に取り組む皆様へ「大阪で生物多様性についての取り組みをはじめてみませんか」
 ダウンロードはこちら→ガイドブック [PDFファイル/1.51MB]
 
    

       ○生態系と生物多様性とは
       ○大阪のいろんな生態系
       ○「生物多様性」に迫る4つの危機
       ○「生物多様性」と私たち人間の関係                                                    
                                                                        生物多様性

このページの作成所属
環境農林水産部 みどり推進室みどり企画課 総務・自然環境グループ

ここまで本文です。