松井一郎の「変革と挑戦」

更新日:平成28年4月27日

■新エネルギー産業の振興に取り組んでいます

 府では、蓄電池分野と水素・燃料電池分野の2分野を新エネルギ
ー産業の中核と位置付け、特区制度なども活用したビジネス創出と
産業集積に取り組んでいます。このうち、蓄電池を使用する電気自
動車(EV)については、その普及を促進するため、インフラ・社会シ
ステム整備や先進的モデル事業の支援等を行っています。
 こうした取り組みを進めるに当たり、このたび日産自動車株式会社
様から、3年間、大阪府にEVを無償貸与いただくことになりました。
今後、電力を供給できるEVの特性を生かし、防災訓練や騒音に配
慮が必要な場面での電源供給や、道路クリーン作戦での伴走など
の用途で活用していく予定です。低炭素社会の実現をめざし、環境
に優しく経済的なEVの普及拡大に努めます。
 今夏には、咲洲地区で独立行政法人製品評価技術基盤機構が
世界最大級の大型蓄電池システム試験評価施設をオープンします。
府では、これを契機として9月に蓄電池や水素・燃料電池に関する国
際カンファレンスを開催する予定です。
 今後も、大阪の成長に向け、新エネルギー産業の振興・集積に取
り組んでいきます。

▼新エネルギー産業振興についてはこちら▼
http://www.pref.osaka.lg.jp/energy/shokai.html

▼日産自動車株式会社のEV無償貸与についてはこちら▼
https://www.facebook.com/tokkuritch.osaka.pref/posts/1077375152319680



過去の項目はこちら


『松井一郎の「変革と挑戦」』は、「大阪府メールマガジン」でお届けしています。
ぜひ、ご登録ください!
「大阪府メールマガジン」配信登録はこちら

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報広聴グループ

ここまで本文です。