松井一郎の「再生と挑戦」


■ひきこもり状態からの脱出を支援します!

 大阪府内には、ひきこもり状態の若者が約5万人いると推計されています。
ひきこもりの原因はさまざまですが、ご本人やご家族は、ともすれば誰にも相
談できないまま悩みを抱え込んでしまい、社会から孤立して、その状態が長期
化・深刻化してしまいます。
 府では、ひきこもり状態からの脱出を支援するため、3年前から府内10カ所
に「子ども・若者自立支援センター」を開設しています。
 1月24日(土曜日)には、ひきこもりで悩んでいるご本人やご家族の方々を
対象に、府内の支援機関による合同説明会と講演会を府立男女共同参画・青少
年センター(ドーンセンター)で開催します。今回の説明会では、子ども・若
者自立支援センターを運営しているNPOなどの支援機関が、取り組みの経験を
踏まえ、ひきこもり状態にあるご本人やご家族からの相談をお受けし、支援内
容の説明を行うとともに、適切な支援機関につながっていただけるようアドバ
イスを行います。
 ひきこもりで悩んでいるご本人やご家族にはぜひご参加いただき、ひきこも
り状態からの脱出のきっかけを見つけてください。

▼詳しくはこちらから▼
http://www.pref.osaka.lg.jp/koseishonen/kowakasaichalle/index.html


過去の項目はこちら


『松井一郎の「再生と挑戦」』は、「大阪府メールマガジン」でお届けしています。
ぜひ、ご登録ください!
「大阪府メールマガジン」配信登録はこちら

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報広聴グループ

ここまで本文です。