松井一郎の「変革と挑戦」

更新日:平成28年9月28日

■はぐくみホーム、始めませんか?

 今、府内にはさまざまな事情により、家庭を離れて生活しなけれ
ばならない子どもたちが約3,000人います。里親制度は、このよう
な子どもたちに、愛情とぬくもりのある家庭環境の下で育ってほし
いと設けられている制度です。「里親」と聞くと、「養子縁組」のこ
とだと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、「養育里親」は、
再び自宅で暮らせるようになるまでの一定期間、ご登録いただいた
家庭で子どもを受け入れ育てる制度です。府では、「養育里親」につ
いて「はぐくみホーム」という親しみやすい愛称を使用するなど、
この制度について広く知っていただき、より多くの方に里親登録し
ていただけるよう取り組んでいます。「はぐくみホーム」には、共働
き家庭でもなっていただけ、また、里親支援専門相談員などによる
相談支援も行っています。
 現在、1、2週間程度の短期間の預かりを専門とした「短期はぐく
みホーム」を募集しています。10月22日(土曜日)には、はぐく
みホームの体験発表もある「大阪府はぐくみホームシンポジウム
2016」を東大阪市で開催します。ぜひご参加ください。
 みんなで子どもを育む社会をつくりましょう。

▼詳しくはこちら▼
http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=25314


過去の項目はこちら


『松井一郎の「変革と挑戦」』は、「大阪府メールマガジン」でお届けしています。
ぜひ、ご登録ください!
「大阪府メールマガジン」配信登録はこちら

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報広聴グループ

ここまで本文です。