知事の「再生と挑戦」


■府立中之島図書館の正面玄関を54年ぶりに開扉します

 明治37(1904)年に開館した府立中之島図書館。この建物は、現役の公共図
書館としてはわが国最古で、本館と左右両翼の2棟は、国の重要文化財に指定
されています。現在、大阪市立中央公会堂とともに「大阪の知と文化と歴史の
シンボル」的施設をめざし、順次リニューアル工事を進めています。その第1
弾として、耐震補強工事、外壁洗浄工事、そして正面玄関を開扉するための工
事が完了しました。
 111年という長い歴史の中で、正面玄関は、昭和22年から昭和36年の約15
年間以外は、現在まで閉じていました。今回のリニューアル工事によって、4
月1日(水曜日)、54年ぶりに開扉し、自由に出入りできるようになります。
当日は、記念コンサートなどの正面玄関開扉イベントのほか、図書館の貴重書
約20点を特別展示します。さらに、4月6日(月曜日)から5月30日(土曜
日)までの間、「正面玄関開扉記念特別展示」として、老舗企業のユニークな社
史や新たに所蔵した古典籍など当館の特色ある資料を展示します。
 なお、リニューアル工事第2弾として、大書架等を設置する館内改装工事の
ため、6月から10月まで、臨時休館を予定しています。
 白く輝く外壁を取り戻した府立中之島図書館を、ぜひご覧ください。

▼正面玄関開扉イベント・記念特別展示はこちら▼
http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=19105

▼記念コンサートはこちら▼
http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=19092


過去の項目はこちら


『知事の「再生と挑戦」』は、「大阪府メールマガジン」でお届けしています。
ぜひ、ご登録ください!
「大阪府メールマガジン」配信登録はこちら

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報広聴グループ

ここまで本文です。