府立高等学校及び支援学校に設置した空調機の稼動開始について

更新日:平成21年8月5日

 
 大阪府教育委員会は、府立高等学校の生徒の学力向上と、夏季休業中を中心とした各学校の多様な取り組みを支援するため、昨年の夏休みを中心に各学校の普通教室等に空調機器の設置工事を進めてまいりました。
 先日、すべての府立学校で工事が無事完了し、この6月より全校の普通教室で待ちに待った空調機が稼動できることとなりました。
 また、府立支援学校では、児童生徒の健康管理のため順次整備し、普通教室の約1/3に設置してまいりましたが、このたび、全普通教室等に空調機器を設置し、稼動することといたしました。
 なお、高等学校については、「大阪府立高等学校教育環境改善事業」として、平成15年7月18日に大阪スクールアメニティサービス株式会社と普通教室内の環境改善のためのサービス提供契約(委託契約)を締結したものです。
 府立支援学校については、国庫補助金を活用し府教委で直接整備しました。

 

   

このページの作成所属
教育庁 施設財務課 施設管理グループ

ここまで本文です。