【検討終了】府立学校の耐震対策


概要(説明)

 府有建築物耐震化実施方針に基づき、昭和56年以前の旧耐震基準に基づき建設された建築物のうち、現行の耐震基準と同等の性能を有しない建築物を対象とし、耐震大規模改修工事を行っています。
 平成27年4月1日現在で、府立学校1,324棟のうち、現行の建築基準法と同等の耐震性能に満たないものは13棟となっており、耐震化率は99.0%となっています。

 関連リンクはこちら

発端は何?

 平成18年1月に「建築物の耐震改修の促進に関する法律」が改正施行され、都道府県は、国が策定する「建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図るための基本的な方針」に基づき、耐震改修促進計画を策定することが義務づけられました。
 大阪府は、平成18年12月に「大阪府住宅・建築物耐震10カ年戦略プラン」(耐震改修促進計画)を策定し、これに基づき、平成19年3月に府有建築物耐震化実施方針が示されました。この方針に基づき、府立学校の耐震化率100%を目標として耐震大規模改修工事を行っています。

寄せられたご意見



今後の予定は?

 平成27年度末に、府立学校の構造体の耐震化率は100%を達成しました。



どこまで進んでいるの?

打合せ等の状況 所属等 所属等から部局等への矢印 部局等 部局等から知事・副知事等への矢印 知事・副知事等
知事からの指示 2011年5月30日
教育長レク 2011年11月8日

このページの作成所属
教育庁 施設財務課 施設管理グループ

ここまで本文です。