きょういくニュース 第226号 3ページ

更新日:令和3年2月2日

 府立狭山池博物館ミニ展示『古代の相貌』の開催します

 

大阪府教育委員会・公益財団法人大阪府文化財センター・大阪府立弥生文化博物館・大阪府立近つ飛鳥博物館・大阪府立狭山池博物館の5者が連携してミニ展示を実施します。

【内容】
 本展では、府内の発掘調査で出土した人物の顔を模した資料や顔が描画された資料などを展示します。
 人々が表現した相貌から、当時の社会の在り方を感じ取ってみましょう。

【会期】 
令和3年2月3日(水曜日)から同年3月7日(日曜日)

【会場】
 大阪府立狭山池博物館  特別展示室前室

【住所】
〒589−0007 大阪狭山市池尻中2丁目   

【電話番号】
 072-367-8891

【開館時間】
 午前10時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

【休館日】
 月曜日(但し月曜日が祝日・休日の場合は翌日が休館日、※2月15日(月曜日)から2月22日(月曜日)は臨時休館)

【アクセス】 
 南海高野線「大阪狭山市」駅下車、西へ約700メートル                              

【入館料】 無料

【主な展示資料】  
  和泉市 仏並遺跡出土土面(大阪府教育委員会、府指定有形文化財)
  茨木市 溝咋遺跡出土線刻土器(公益財団法人大阪府文化財センター)
  藤井寺市 墓山古墳出土人物埴輪(頭部)(大阪府立近つ飛鳥博物館)
  西王母東王父車馬画像鏡(大阪府立弥生文化博物館)など

【主催】   
  大阪府教育委員会
  公益財団法人大阪府文化財センター
  大阪府立弥生文化博物館
  大阪府立近つ飛鳥博物館
  大阪府立狭山池博物館
 
【お問合せ】
  大阪府教育庁文化財保護課文化財調査事務所
 (電話番号072-291-7401、ファクシミリ072-291-8451)

狭山池博物館ミニ展示 古代の相貌  
  

目次へ  次へ

このページの作成所属
教育庁 教育総務企画課 広報・議事グループ

ここまで本文です。