きょういくニュース 第212号 1ページ

更新日:令和元年12月2日

「こころの再生」府民運動推進月間に周知・啓発活動を行いました

 大阪府・大阪府教育委員会では、「こころの再生」府民運動として、「生命(いのち)を大切にする」「思いやる」など『大切なこころ』を見つめ直し、毎日の暮らしの中で府民一人ひとりができることから取り組んでいくことを呼びかけております。
 本府民運動では、毎年11月を推進月間と定め、2日から4日の連休中にさまざまなイベントを行いました。

ロハスフェスタ万博2019AUTUMN

 11月2日(土曜日)と4日(月曜日)『「こころの再生」府民運動』の企画として、万博記念公園(吹田市)で「ロハスフェスタ万博2019AUTUMN」において、子どもも大人も楽しめるイベントブースを出展しました。
参加してくれた子どもたちには「こころの再生宣言」として「いつもお仕事頑張ってくれてありがとう」など、ふだんの感謝の気持ちや努力していることを宣言してもらいました。
 今回のイベントでは、木製のヨーヨーに好きな絵を描く「オリジナルヨーヨー作り」(材料提供:大阪府住宅供給公社)や、一日に必要な野菜の量を知ってもらう「目方でポン!」(材料提供:カゴメ株式会社)等の体験をしてもらうなど、2日合わせて1500人以上の参加があり、府民運動が盛り上がりました!

rohasubannpaku1    rohasubannpaku2

リビングはじめてフェスタ

 11月3日(日曜日)には、パートナー企業であるサンケイリビング新聞社が主催する「リビングはじめてフェスタ」で、「こころの再生」府民運動から出前授業を実施しました。
 当日は「こころの再生」府民運動パートナー企業からは、「セブンイレブン・ジャパン」「ヒュッゲ美育協会」「ビケンテック」「日本総合カウンセリング」に出前講座をしていただき、それぞれの得意分野を生かし、本府民運動の「5つのこころ」をテーマに講座を行っていただきました。
 子どもたちがおじぎの仕方や笑顔の練習をする授業では「ルールやマナーを守る」「感謝する」気持ちに気づいてもらうことができました。

hajimetehulesu   hajimetehulesu2

目次へ  次へ

このページの作成所属
教育庁 教育総務企画課 広報・議事グループ

ここまで本文です。