府教委ニュース 第167号 9ページ

更新日:平成28年3月1日

特色ある学校づくり

岸和田市立野村中学校

大阪府岸和田市下野町2−13−18
072−436−3156
http://nomura-j.kishiwada.ed.jp/        

 本校は昭和62年に開校し、来年度創立30周年を迎える学校です。市の北西部に位置し岸和田港に程近い場所にあります。教育目標に「豊かな人間性を持ち、たくましく生き抜く生徒の育成」を掲げ、日々、創意工夫を生かした特色ある学校づくりをすすめています。その取り組みについていくつかご紹介します。 

防災教育の推進

 本校は海抜1.5mという立地条件にあり、地震による津波災害については最大限に注意を払う必要性があります。昨年11月には、和歌山大学より防災教育アドバイザーを招き、指導助言をいただきながら、地域を挙げて津波を想定した避難訓練を実施しました。

走ってグラウンドに整列避難訓練の様子第2避難所にて講評
写真:走ってグラウンドに整列写真:避難訓練の様子写真:第2避難所にて講評

豊かな心を育む道徳教育

 生徒の「豊かな心」を育むため、道徳教育の研究をすすめています。地域・保護者への授業公開、年間3回の研究授業や講師を招いての模擬授業など、様々な取り組みにより、より良い授業の展開を目指しています。

道徳研究授業道徳授業の板書講師を招いての模擬授業
写真:道徳研究授業写真:道徳授業の板書写真:講師を招いての模擬授業

学力向上に向けての取り組み

 スクール・エンパワメント事業に伴う実践として、班学習の充実に取り組んでいます。6人の生活班を基盤に授業内容によっては班を分割して3人班を用いるなど学校独自の班学習を模索しています。班を通して主体的な学びを深めることで、生き生きとした生徒の発言を引き出せるよう授業改善に努めています。

班での話し合いの様子ICTを活用した班活動
写真:班での話し合いの様子写真:ICTを活用した班活動

読書のすすめ

 本校では、朝読書の取り組みを10年以上前から続けており、生徒の学校生活の中に定着しています。その他にも、図書館コーディネーターの協力を得ながらおすすめ本の「POP作り」に取り組んだり、全校集会で各学年の代表者がおすすめ本紹介を行うなど、読書への興味関心を促す新しい取り組みも活発に行われています。昨年12月には、「おすすめ本紹介」で競い合う府教委主催のビブリオバトル大会にも参加しました。

朝読書の様子生徒が作成したPOPビブリオバトル大会
写真:朝読書の様子写真:生徒が作成したPOP写真:ビブリオバトル大会

野村中学校のめざす生徒像

 野村中学校では、ここでご紹介した取り組み以外にも様々な活動がなされています。これらを通して「知(自ら考える力)徳(豊かな心)体(心身の健康)」を兼ね備えた人間づくりをめざします。また、地域との連携を強化しながら安全で安心な学校環境づくりにも努めていきます。

目次へ   次ページへ

このページの作成所属
教育庁 教育総務企画課 広報・議事グループ

ここまで本文です。