府教委ニュース 第166号 1ページ

更新日:平成28年2月3日

公立小学校向け「英語学習パッケージ」が完成しました

 大阪府教育委員会では、昨年度から府内の公立小学校向け英語学習パッケージの開発を進めてきましたが、昨年12月に遂に完成しました。
 名称を「大阪府公立小学校英語学習6ヶ年プログラム」とし、英語名称 Osaka Program Designed for Real English Acquisition by Modules の頭文字をとって略称・愛称を「DREAM(ドリーム)」としました。DREAMには、子どもたちが自分の夢を英語で語ることができるようになってほしいという願い・思いも込められています。

■DREAMの5つの特徴■

1、大阪オリジナル
 大阪府内16の小学校での実践研究で得られた成果や教訓を生かし、府内の公立小学校での英語学習のために開発した大阪府発のオリジナルプログラムです。

2、4技能の育成
 児童の発達段階、学習年齢を踏まえ、段階的に4技能(聞く・話す・読む・書く)を育成していくプログラムです。英語の4技能をバランスよく身につけるため、小学校1年生からフォニックス(英語の綴り字と発音の関係を重視した指導法)を活用しており、基本となる音のパターンを一通り学びます。

3、くり返し方式
 授業外の時間を活用し、週3回、1回15分程度のモジュールでの活動を基本に設計しています。くり返し英語に触れることで、児童が楽しみながら自然に英語を習得できるプログラムになっています。

4、学びの工夫
 府内の公立の小学校・中学校・高等学校を通じての英語学習を見据えて開発したプログラムで、小学校卒業段階で英検5級相当程度の英語力がつくことをめざしています。

5、使いやすさの工夫
 6カ年の学びを体系化し、限られた時間の中での活動に適したオールインワンDVD化を実現しました。英語を専門としない学級担任にも使っていただきやすい教材となっています。

現在、府内21市町、269校が来年度からの実施に向け準備を進めています。

DREAMについてのお問い合わせは、市町村教育室 小中学校課 教務グループ(06-6944-3816)までお願いいたします。

英語学習パッケージ(DREAM)の外観実践研究校での授業の様子(松原市立天美南小学校)
写真:英語学習パッケージ(DREAM)の外観写真:研究協力校(松原市立天美南小学校)での
授業の様子

目次へ      次ページへ

このページの作成所属
教育庁 教育総務企画課 広報・議事グループ

ここまで本文です。