府教委ニュース 第158号 5ページ

更新日:平成27年6月1日

特色ある学校づくり

大阪府立吹田東高等学校

大阪府吹田市青葉丘南16−1
06−6877−6715
http://www.osaka-c.ed.jp/suitahigashi/ (生徒や学校の様子を「校長通信」で紹介しています。是非ご覧ください。)

 本校は、昭和49年、吹田市の北東、万博公園の太陽の塔が見える青葉丘の高台を切り拓いて校舎が建設され、平成25年には創立40周年を迎えました。周囲はモノレールや自動車道などの交通網が整備され近隣の住宅開発も進んでいますが、北摂の山並みを背景に緑に囲まれ、近くにはまだ多くの自然が残っています。校舎は高台にあるにもかかわらず、生徒の多くは自転車通学をしています。
 この度、本校は耐震化のため現校舎を建替えします。建替えにあたり、全室冷暖房完備及びホームルーム全室に電子黒板を導入した仮校舎に、2学期から移転することになっています。校内のグラウンドに仮校舎を建てたため、サッカー部、陸上部、女子ソフトボール部、フットサル部等の活動は、隣接する広大な万博公園のグラウンドで行っています。

2006年生徒公募により誕生したマスコット「スッピー」丘の上に建つ校舎

写真:2006年生徒公募により誕生した
    マスコット「スッピー」

写真:丘の上に建つ校舎
万博グラウンドでの部活動の様子仮校舎の完成図
写真:万博グラウンドでの部活動の様子写真:仮校舎の完成図

4つのS(教育実践)

 本校は「めざす学校像」として、「自主自立の精神を培い、違いを認め合う豊かな人間性と確かな学力を身に付け、社会における個人のあり方を考えられる生徒を育てる」ことを掲げて教育活動を展開しており、それらをまとめて「4つのS」と呼んでいます。以下に「4つのS」を紹介します。

 1 確かな学力【Study】 授業においては、基礎的な科目はもちろん、個々の進路実現に合わせた多様な選択科目を設定しています。また、漢検、TOEIC Bridgeの全員受検、土曜日の大阪大学との連携による青葉丘セミナーや外部講師によるS講座といったきめ細やかな指導をしています。
 2 豊かな人間性【School Spirit】 青葉祭(体育の部、文化の部)や合唱コンクール、1年生による俳句創作、校内二科展(美術、書道)などの学校行事のほか、海外語学研修としてオーストラリアのマジー高校と交流し、様々な体験活動を通じて豊かな感性を育てています。
 3 部活動の活性化【Sports & Culture】 運動部15部、文化部17部に全校生徒の8割を超える生徒が参加しています。全国大会には俳句短歌部や能楽部が出場し、近畿大会には陸上競技部、空手道部、女子バレーボール部が出場しています。
 4 地域に開かれた学校【Society】 幼稚園での保育実習や中学生の授業見学、地域の方々との清掃活動(クリーンキャンペーン)を実施しています。また地域のミュージックフェスティバルに吹奏楽部が参加し、地域の「子供お楽しみ会」では科学部が模擬実験を行っています。

合唱コンクール

校内二科展

写真:合唱コンクール

写真:校内二科展

青葉丘セミナー

マジー高校との交流

写真:青葉丘セミナー

写真:マジー高校との交流

幼稚園での保育実習

クリーンキャンペーンクリーンキャンペーン

写真:幼稚園での保育実習

写真:クリーンキャンペーン

 

落ち着いた環境で学力を伸ばす

 本校では、 遅刻、頭髪、服装、マナーについて重点的に指導しています。チャイムと同時に授業を開始し、時間の大切さを伝え、「制服は口ほどにものをいう」を合言葉に身だしなみの大切さを伝えています。そういった落ち着いた環境の中で、50分間の授業を充実させるため、電子黒板、書画カメラといった学習環境を整備し、学力を伸ばす取組みを行っています。

多様な進路に対応する進路指導室

電子黒板を活用した授業

写真:多様な進路に対応する進路指導室

写真:電子黒板を活用した授業

授業風景

写真:授業風景

 校舎の建替えにあたっては、まだ課題がありますが、本校はそれらを逆に好機として活かし、組織的な教育活動の確立をめざしていきます。

   
 目次へ      次ページへ

このページの作成所属
教育庁 教育総務企画課 広報・議事グループ

ここまで本文です。