大阪府教育振興基本計画

サブメニューを飛ばして本文へ

ここから本文です。

更新日:平成26年3月26日

大阪府教育振興基本計画 [PDFファイル/2.4MB]

大阪府教育振興基本計画(概要版) [PDFファイル/168KB]

はじめに

 人口減少社会の到来や、アジアの諸都市との熾烈なグローバル競争など、社会が大きな変革期を迎える中、雇用の流動化、世界経済における日本の地位の低下など、子どもたちがこれから生きていく時代には、様々な困難が待ち受けています。
 また、府民の暮らしや経済に関する指標は、従前に比べ、  改善傾向にあるものの、依然として、全国的に低いものも多く、いわゆる「大阪問題」と言われる状況にあります。

 こうした課題の解決には、様々な対策が必要ですが、私は、その大きな糸口は「教育」だと考えています。大阪で育つ子どもたちには、自らの力で社会を生き抜き、自らを律しながら社会を支え、粘り強く果敢にチャレンジしてもらいたい。そして、大阪という都市の将来を支え、発展させていく人材として育ってほしい。
 そのためには、しっかりとした学力と、豊かでたくましい人間性をはぐくむことが大切です。「教育」という未来への投資こそが、「大阪の再生」を着実に実現していく手段だと確信しています。

 こうした思いを込め、平成24年3月に制定した「大阪府教育行政基本条例」に基づき、これからの大阪の教育の羅針盤となる「大阪府教育振興基本計画」をとりまとめました。今年度1年をかけた教育委員会との議論をしっかり反映させ、共通の目標に向けた、教育政策の方向性を示しています。

 今後、その目標を着実に達成していくためには、校長マネジメントのもと、教員と一体となった現場での実践はもとより、教育に関わるすべての方のご協力が不可欠です。
 本計画のもと、大阪の教育の特色である公私の切磋琢磨や連携を進めるとともに、市町村をはじめ福祉や労働など幅広い分野の関係機関等との連携・協力により、大阪が一丸となり、教育のさらなる充実に全力で取り組んでまいります。

 結びに、本計画の策定にあたり、貴重なご意見をいただきました大阪府教育振興基本計画審議会委員の皆様をはじめ多くの方々に心から感謝申し上げますとともに、府民の皆様には、本計画の実現に向け様々な立場からのご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

    

平成25年3月    大阪府知事  松井 一郎

   
   
   

目次

第1章 計画の策定にあたって

1.策定の趣旨
2.計画の位置づけ
3.計画の期間等
4.計画の推進方策

 

第2章 大阪の教育を取り巻く状況

1.社会経済状況の変化
2.大阪の教育をめぐる動き

 

第3章 大阪の教育がめざすもの

1.基本的な目標

 

第4章 基本方針

基本方針1 市町村とともに小・中学校の教育力を充実します

基本方針2 公私の切磋琢磨により高校の教育力を向上させます
 (1)公私が力を合わせて高校の教育力向上をすすめます
 (2)活力あふれる府立高校づくりをすすめます
 (3)特色・魅力ある私立高校づくりを支援します

基本方針3 障がいのある子ども一人ひとりの自立を支援します

基本方針4 子どもたちの豊かでたくましい人間性をはぐくみます

基本方針5 子どもたちの健やかな体をはぐくみます

基本方針6 教員の力とやる気を高めます

基本方針7 学校の組織力向上と開かれた学校づくりをすすめます

基本方針8 安全で安心な学びの場をつくります

基本方針9 地域の教育コミュニティづくりと家庭教育を支援します

基本方針10 私立学校の振興を図ります

    

参考資料

1.用語解説
2.策定経過

         

事業計画

「大阪府教育振興基本計画」で位置付けた「10の基本方針」と「50の重点取組」の下、「基本計画」の計画期間(平成25年度から34年度)のうち、前半5年間(平成25年度から29年度)で実施すべき具体的な取組みについて整理したものです。

     

参考

「大阪の教育力」向上プラン

教育改革プログラム [txt/99KB] 

義務教育活性化推進方策 [txt/60KB]

このページの作成所属
教育庁 教育総務企画課 企画調整グループ

ここまで本文です。