シンポジウム「スーパー・メガリージョンがもたらす日本の新たな成長―リニア中央新幹線による関西圏と中部圏の新たな連携―」

更新日:平成29年2月24日

  開催概要

 リニア中央新幹線早期全線開業実現協議会において、シンポジウム「スーパー・メガリージョンがもたらす日本の新たな成長―リニア中央新幹線による関西圏と中部圏の新たな連携―」を開催しますので、お知らせします。

 リニア中央新幹線が全線開業し、大阪−名古屋−東京の三大都市圏が約1時間で結ばれることにより、世界に類のない人口約7,000万人規模の巨大都市圏“スーパー・メガリージョン”が形成され、単なる経済波及効果に留まらない効果がもたらされると期待されています。また昨年には、財政投融資の活用が可能となり全線開業時期の前倒しが決定されるなど、リニア中央新幹線への期待がさらに高まってきているところです。

 そこで今回、スーパー・メガリージョンが形成された際の関西圏および中部圏のあり方や新たな連携等についてその方向性を模索するとともに、リニア中央新幹線の早期全線開業に向けた機運を醸成するため、本シンポジウムを開催することといたしました。

 

1.日時:平成29年3月22日(水曜日)14時00分から17時00分 (開場13時30分)

2.場所:リーガロイヤルホテル(大阪)タワーウイング3階「ロイヤルホール」(大阪市北区中之島5-3-68)

3.主催:リニア中央新幹線早期全線開業実現協議会
            (構成団体:大阪府、関西経済連合会、大阪市、大阪商工会議所、大阪府商工会議所連合会、関西経済同友会) 

4.後援:日本経済団体連合会、リニア中央新幹線建設促進期成同盟会、西日本経済協議会、
       国土交通省近畿地方整備局、関西広域連合、三重県、奈良県、三重県商工会議所連合会、
             奈良県商工会議所連合会

5.プログラム      

  (1) 基調講演
    「スーパー・メガリージョンが目指す姿(第2次国土形成計画の推進に向けて)」 (40分)           
    ・梅村学園常任理事・学術顧問、国土審議会会長       奥野 信宏 氏 

  (2) 休憩 (20分) 

  (3) パネルディスカッション
    「スーパー・メガリージョンがもたらす日本の新たな成長(リニア中央新幹線による関西圏と中部圏の新たな連携)」 (120分)

         
   ○コーディネーター                   
    ・梅村学園常任理事・学術顧問、国土審議会会長              奥野 信宏  氏

   ○パネリスト                                     
    ・国土交通省国土政策局計画官                        池田 直太  氏

    ・名古屋大学未来社会創造機構教授                     森川 高行  氏

    ・京都大学経営管理大学院教授・経営研究センター長      小林 潔司  氏

    ・関西経済連合会副会長、三菱東京UFJ銀行特別顧問       沖原 隆宗  氏

6.参加申込方法(参加費:無料)

 (1)ファックスでの申込み
       添付の案内チラシの参加希望者記入欄に必要事項を記入の上、
   関西経済連合会地域連携部 (ファックス番号:06-6441-0443)までご送信願います。

  (2)電子メールでの申込み
       参加希望者の会社名、部署名・役職、氏名(フリガナ)、連絡先(電話番号又はメールアドレス)を明記の上、
   関西経済連合会地域連携部(電子メールsmr@kankeiren.or.jp)までご送信願います。

7.問合せ先

  (1)シンポジウムの参加申込、内容について
   関西経済連合会 地域連携部 06-6441-0107

  (2)シンポジウムの取材について
   関西経済連合会 企画広報部 06-6441-0105

   シンポジウムチラシ [PDFファイル/806KB]

このページの作成所属
政策企画部 戦略事業室空港・広域インフラ課 広域インフラグループ

ここまで本文です。