大阪府の空港政策

サブメニューを飛ばして本文へ

ここから本文です。

更新日:平成29年7月7日

 大阪府には、関西国際空港(関西空港)と大阪国際空港(伊丹空港)という旅客便の就航する2つの空港があります。
 関西空港は、2本の4000メートル級滑走路を備え、国際線と国内線の乗り継ぎもスムーズな完全24時間運用可能な国際拠点空港です。大阪府は、この素晴しい空港を世界と日本各地とを結ぶ乗り継ぎ拠点となるよう、そして大阪経済の活性化やにぎわいづくりに貢献できるよう取り組んでいます。その一方で、国に対しては、関西空港をアジアの諸空港とも対等に戦える競争力を有する国際拠点空港として再生・強化していくよう強く求めています。

 また、大阪府は、平成24年7月1日に行われた関西空港と伊丹空港の経営統合を機に、空港が大阪・関西の成長・発展に貢献するよう戦略的な取組を進めて参ります。

空港トピックス

  • 平成28年4月1日  関西空港・伊丹空港の関西エアポート株式会社による運営が開始されました。
  • 平成26年4月1日  関西空港にフェデラル エクスプレスが北太平洋地区ハブを開設しました。
  • 平成24年7月1日  関西空港・伊丹空港が経営統合されました。
  • 平成24年4月1日  新関西国際空港株式会社が設立されました
  • 平成24年3月1日  関西空港を拠点とするピーチアビエーションが就航を開始しました

関西空港へのおトクなアクセス情報

(関西国際空港全体構想促進協議会ホームページにリンク)

その他リンク

協議会が発行するメールマガジン「Kixは、いま」会員登録はこちら(外部サイト)

   

このページの作成所属
政策企画部 戦略事業室空港・広域インフラ課 空政グループ

ここまで本文です。