堺泉北港(大阪府)と釜石港(岩手県)の友好港提携の締結について

更新日:平成30年2月19日

堺泉北港と釜石港の友好港提携の締結について

 平成30年2月14日(水曜日)に、堺泉北港と釜石港で友好港提携を締結しました。
 友好港提携により、経済、観光、文化など港湾の分野における交流を通じて、さらなる港の発展と互いの理解と連携を深めることに、努めて参ります

友好港締結の経緯

 大阪府では被災した釜石港の復興支援のため、堺泉北港のガントリークレーン1基を釜石港に無償譲渡し、平成29年9月23日(土曜日)から釜石港で供用を開始しています。
 この譲渡を契機として、大阪府と岩手県の友好関係をさらに推進するため、友好関係の証として堺泉北港と釜石港で友好港提携を締結しました。
※ガントリークレーン:コンテナ貨物の積卸しを行う、橋脚状の本体が移動するクレーン

提携に伴う交流活動の内容

・両港のポートセミナーへの出席
・航路や企業誘致等の情報交換
・両港の技術交流         など

大阪府と岩手県の友好の証

釜石港に設置されたガントリークレーンには友好の証として、岩手県章、大阪府章を掲げています。

釜石港に設置されたガントリークレーンには友好の証として、岩手県章、大阪府章を掲げています。


 


 

 

 

 

 

 

釜石港に設置されたガントリークレーン

岩手県章(左)と大阪府章(右)釜石港に設置されたガントリークレーン

 

このページの作成所属
大阪港湾局 大阪港湾局 危機管理担当

ここまで本文です。