泉大津フェニックス多目的広場及び多目的緑地のご利用案内

更新日:令和2年2月25日

お知らせ

大阪府感染症対策情報についての詳細はこちらをご覧ください。

はじめに

泉大津フェニックスは大阪湾フェニックス計画に基づき産業廃棄物等で造成された埋立地です。
埋立地の一部である、多目的広場及び多目的緑地(以下、両広場といいます。)の利用が平成19年及び平成26年に始まり、
多目的広場についてはこれまで数多くの自動車関連イベント及び各種ロケ等の会場としてご利用頂いております。
多目的緑地については野外コンサートをはじめ、各種催しの会場としてご利用頂いております。 

フェニックス全体写真

両広場の管理事業者

事業者名

 一般財団法人泉佐野みどり推進機構

所在地

 大阪府泉佐野市新安松1丁目1-23

電話番号

 072‐466‐2002

 ※両広場の利用方法、利用規約、日程のご予約及び利用料金等については同機構にお問合せください。

両広場の概要

広場名所在地面積土地表面の状態
多目的広場泉大津市夕凪町4番96,296平方メートル

 一部アスファルト舗装(77,185平方メートル)
  ※併設駐車場約500台分を含みます。
 一部砂利舗装

多目的緑地泉大津市夕凪町6番96,523平方メートル

 一部(円形部分)に芝生植栽(約34,000平方メートル)
 一部ウッドチップ舗装(約17,000平方メートル)
 一部裸地


※ ゲートは通常施錠されており、管理事業者の許可を得ていない方が両広場に立ち入ることは出来ません。
 経路図

両広場の利用例

多目的広場の利用例

自動車の試乗会、研修、各種ロケ及び野外コンサート開催時の駐車場等にご利用頂いております。

試乗会のようす     ロケのようす

 多目的緑地の利用例

平成26年から野外コンサートをはじめとした各種イベントにご利用頂いております。

泉大津フェニックス 野外コンサート風景3  泉大津フェニックス 野外コンサート風景  泉大津フェニックス 野外コンサート風景2   

野外コンサートについて 

平成17年から令和元年までの15年間で40公演(計57日間)が開催され、
合わせて約84万人の観客が泉大津フェニックスを訪れました。(平成17年度から25年度までは隣接地で開催)
令和元年の野外コンサート開催結果は以下の実績となります。(来場者数は主催者発表数です。)

  • 令和元年8月31日(土曜日)、9月1日(日曜日) RUSH BALL 2019 
    ・・・来場者数 約38,000人 
  • 令和元年9月7日(土曜日)、9月8日(日曜日) OTODAMA'18-'19〜音泉魂〜
    ・・・来場者数 約27,000人
  • 令和元年9月14日(土曜日)、9月15日(日曜日) PARASITE DEJAVU 〜2DAYS OPEN AIR SHOW〜 
    ・・・来場者数 約35,000人  


ご利用上の注意事項

この土地は、産業廃棄物等で造成された埋立地であり、現在も廃棄物層の腐敗がゆるやかに進んでおり、地表やガス抜き管から可燃性のガスが発生しています。

そのため、ご利用にあたっては所定の注意が必要で、これらを守らず不適切に土地利用を行った場合、火災、爆発、土地の陥没といった大事故を引き起こす可能性があります。皆様におかれましては注意事項を正しく理解し、守っていただきますようお願いいたします。

ご利用条の注意事項(リーフレット) [PDFファイル/235KB]

↓該当する項目にチェックしてください。1個でもチェックが入った場合は下の問い合わせ先までご相談下さい。

  □ 火気を使用しますか?

  □ 地面を掘削する必要がありますか?

  □ 極端に重いものを設置しますか?

両広場へのアクセス方法

泉大津フェニックス両広場へのアクセス方法はこちらをご覧ください。

お問い合わせ先

両広場のご利用に関すること

一般財団法人泉佐野みどり推進機構
電話番号 072-466-2002
ホームページは こちら(外部サイトを別ウィンドウで開きます)

本ウェブサイトに関すること

大阪府港湾局 経営振興課 開発調整グループ
電話番号 0725-21-7232
ファックス番号 0725-21-7259

このページの作成所属
大阪港湾局 大阪港湾局 地域調整担当

ここまで本文です。