大阪府の海岸づくり(大阪湾沿岸海岸保全基本計画)について

更新日:平成21年8月5日

 平成11年に海岸法が大きく改正され、法の目的が「海岸の防護」のみならず「海岸環境の整備と保全」及び「公衆の 海岸の適正な利用の確保」を加えたものとなりました。
 また、防護・環境・利用の調和のとれた総合的な海岸管理を行うため、国が共通の理念となる「海岸保全基本方針」を定め、これに沿って都道府県知事が「海岸保全基本計画」を策定することが義務付けられました。
 これを受けて、大阪府では兵庫県と共同して大阪湾沿岸(明石市東境界から和歌山県界の全海岸線)において、環境・利用をも含めた海岸管理を行うための新たな計画となる「大阪湾沿岸海岸保全基本計画」を策定いたしました。


大阪湾沿岸海岸保全基本計画

大阪湾沿岸海岸保全基本計画(代替テキスト)

策定の手順

大阪府の海岸に関するアンケート結果

大阪府の海岸に関するアンケート結果(代替テキスト)


参考1.大阪府の海岸について

大阪府の海岸の概要

参考2.海岸法の改正について

海岸法改正の趣旨

海岸保全の新しい計画制度

国の海岸保全基本方針

海岸保全基本計画

海岸保全施設の役割


問い合わせ先

大阪府 港湾局 
計画調整課 計画グループ

電話 0725−21−7353

このページの作成所属
都市整備部 港湾局 計画グループ

ここまで本文です。