阪神港の機能強化  ― 国際・国内物流の要として、西日本そして日本を元気に! ―

更新日:平成28年3月9日

  我が国の港湾と釜山港等アジア諸港との国際的な競争が激化するなか、更なる選択と集中により

国際競争力を強化する「国際コンテナ戦略港湾」に、阪神港(神戸港・大阪港)が選定されました(平成22年8月)。

★国際コンテナ戦略港湾「阪神港」について★

  阪神港では、西日本の産業と国際物流を支えるゲートポート、さらには東アジアの国際ハブポートとして

機能することを目指し、北米・欧州向け基幹航路の維持・拡大に向けて、「集貨」「創貨」「競争力強化」の

各施策について取り組みを進めています。

     ●国際コンテナ戦略港湾「阪神港」(外部サイトを別ウインドウで開きます)

★阪神港の機能強化に向けた大阪府の取り組みについて★

  府営港湾では、コンテナふ頭等を一体的に運営する港湾運営会社の指定や、定期航路の拡充等に対する

優遇措置(インセンティブ)制度を実施しています。

     ●堺泉北港の港湾運営会社に堺泉北埠頭株式会社を指定しました

     ●堺泉北埠頭株式会社(外部サイト)

このページの作成所属
都市整備部 港湾局 計画グループ

ここまで本文です。