新幹線鉄道騒音について

更新日:平成29年7月31日

新幹線鉄道騒音の状況

新幹線鉄道騒音に係る環境基準

新幹線鉄道騒音に係る環境基準
環境基準該当地域
地域の類型基準値
1
70デシベル
以下
地域類型の当てはめをする地域のうち、都市計画法(昭和43年法律第100号)第2章の規定により定められた以下の地域
  • 第一種低層住居専用地域
  • 第二種低層住居専用地域
  • 第一種中高層住居専用地域
  • 第二種中高層住居専用地域
  • 第一種住居地域
  • 第二種住居地域
  • 準住居地域

同法第8条第1項第1号に規定する用途地域の指定のない地域

2
75デシベル
以下
地域類型の当てはめをする地域のうち、都市計画法第2章の規定により定められた以下の地域
  • 近隣商業地域
  • 商業地域
  • 準工業地域
  • 工業地域

(注1)
大阪府の公告はこちら国の告示はこちら(外部サイト)
(注2)
地域類型の当てはめをする地域
大阪市及び吹田市の区域のうち新幹線鉄道の軌道中心線より左右両側それぞれ300メートル以内の地域
摂津市、高槻市、茨木市及び島本町の区域のうち新幹線鉄道の軌道中心線より左右両側それぞれ400メートル以内の地域
(河川敷を除き、橋りように係る部分については別途図面で表示する地域を含む。)
(注3)
評価は、20本の列車について騒音を測定し、騒音レベルの大きさが上位半数のものを平均した値で評価します。

環境基準の達成状況(平成27年度)

沿線市町による21地点での測定の結果、環境基準値以下の地点の割合は、地域類型1で47%、地域類型2で75%でした。

環境基準の達成状況(平成27年度)
地域類型1 
2

近接側の軌道中心からの距離

12.5m25.0m

50.0m

その他(計)12.5m25.0m50.0mその他(計)

測定地点数

5921 1722004

うち、環境基準値以下であった地点数

0521812003

達成率

  0%56%100%0%47%50%100%  0%75%

この他、大阪府の環境の状況については大阪府環境白書等で取りまとめています。

このページの作成所属
環境農林水産部 環境管理室交通環境課 騒音振動グループ

ここまで本文です。