生活騒音について

更新日:平成29年7月31日

 「隣のテレビがやかましいなー」、「あのエアコンの音はどうにかならないのかなー」、「毎日ピアノの音が夜おそくまで・・・」あなたもこんなことを思ったことがありませんか?
生活騒音には法的な規制がありませんが、おたがい暮らしている中で発生する音ですから、大切な隣人関係をこわさない知恵が大切です。

あなたも隣近所に迷惑をかけているかも・・・

自分が出す音は気づかない

 私たちはいろんな音を出しながら日常生活を送っています。自分の出す音を意識することは少なくても、近所の人の出す音はうるさいと感じたことがあるでしょう。

あなたは被害者?加害者?

 被害にあった時だけ気がつきやすいものなのですが、立場が変わればお互いが加害者になったり、被害者になったりするものです。例えば、あなたにとって快適な音楽が隣人には不快な音に、かわいいペットの鳴き声が隣人にはうるさい音に感じられているかもしれません。

暮らしの中の騒音を防止するには!

生活騒音源の種類

騒音防止対策

テレビ、ステレオ、ホームカラオケ夜間、早朝はボリュームを絞って。ヘッドホンなどの利用も。
ピアノ、楽器時間帯に気をつけ、窓やドアを閉める。長時間演奏する場合には防音対策も。
車の空ぶかし、アイドリング不必要な空ぶかしは控えてアイドリングは必要最小限に。
掃除機、洗濯機、エアコン、給湯器購入の際には低騒音機器の検討を。深夜の使用はなるべく避けて。
ペットの鳴き声

規則正しい食事と運動を。犬小屋は明るく風通しのよい場所に。
ペットの飼い方やしつけはこちら。http://www.pref.osaka.lg.jp/doubutu/pet/kainushi_point.html

人の声日頃からのこころがけ。窓やドアを閉める。
集合住宅の室内や階段の足音階段の昇り降りは静かにゆっくりと。床にはカーペットなどを敷いて。
集合住宅での給排水深夜の給排水はできるだけ避けて。
ドア、シャッター、雨戸の開閉ドアチェッカーなどの取り付けを。注油などにより、スムーズな動きに。

大切な隣人関係をこわさないために

 より良い隣人関係をつくり、お互いが相手の立場を理解して防音対策を講じることで、快適な生活環境が実現できるよう工夫することが必要です。

 発生する音を小さくする工夫 + 隣近所との日頃からの心のかようお付き合い → 快適な生活環境

困ったとき、苦情を受けたとき

まずは直接相手に相談を

 生活騒音に悩まされていても、なかなか相手に対して直接言いにくいものです。しかし、相手の人は自分が迷惑をかけていることに気がついていない場合もあります。悩みを解決するには、直接相手の人に話をして改善してもらうようにしましょう。相手の人に話をする場合には、感情的にならず、問題点をわかりやすく説明するようにしましょう。

相手の立場にたって考えて

 自分では気にならない音でも、他の人にとっては騒音と感じられる音もあります。苦情を言うことは勇気のいることなのです。苦情を言ってくる人は非常に困っているにちがいありません。苦情を言われたら、感情的にならず、相手の話を謙虚に聞き、改善できるところはすぐに実行に移しましょう。また、どうしても大きな音を出さざるを得ない場合には、あらかじめ、ご近所にお断りしておくことも大切です。

府民は、日常生活に伴って発生する騒音により周辺の生活環境を損なうことのないよう配慮しなければならない。(大阪府生活環境の保全等に関する条例第102条)

音の大きさの目安

 騒音の問題では、音の大きさの単位として「デシベル」を用いています。デシベルというだけではうるささが実感しにくいと思いますので、具体的な例をお示します。

騒音の目安(都市・近郊用)90から80デシベルとはパチンコ店内、ゲームセンター内程度の音の大きさです。80から70デシベルとは航空機の機内、地下鉄の車内、セミの声、在来鉄道の車内、昼間の主要幹線道路周辺程度の音の大きさです。70から60デシベルとは新幹線の車内、バスの車内、コーヒーショップの店内、ファミリーレストランの店内程度の音の大きさです。60から50デシベルとは博物館の館内、銀行の窓口周辺、役所の窓口周辺、昼間の構想住宅地域周辺程度の音の大きさです。50から40デシベルとは美術館の館内、昼間の霊園、昼間の戸建住宅地、図書館の館内程度の音の大きさです。40から30デシベルとは夜間の高層住宅地域、夜間の戸建住宅地、ホテルの室内程度の音の大きさです。出典 全国環境研協議会 騒音小委員会。

パンフレットのご案内

 生活騒音問題について掲載したパンフレットを無料配布しています。下記の配布先またはパンフレットのダウンロードページをご利用ください。

 配布場所は、騒音・振動に関する相談窓口です。

大阪府環境農林水産部環境管理室交通環境課
大阪市内の各環境保全監視グループ
各市町村の環境担当課

このページの作成所属
環境農林水産部 環境管理室交通環境課 騒音振動グループ

ここまで本文です。