大阪エコカー普及戦略

更新日:平成30年12月18日

大阪エコカー普及戦略

 自動車部門の二酸化炭素排出量削減により、低炭素社会実現を図るため、大阪自動車環境対策推進会議において大阪エコカー普及戦略検討部会を設置し、
 平成21年(2009年)12月に多様なエコカーの普及を目指す「大阪エコカー普及戦略」を策定しました。
 平成32年度(2020年度)までに府内の自動車の2台に1台をエコカーとすることを目標としています。
 この目標の達成に向けて、大阪エコカー協働普及サポートネットなどを通じて官民協働でエコカー普及の取り組みを展開しています。

 大阪エコカー普及戦略 [Wordファイル/1.1MB] [PDFファイル/733KB]

 エコカーに関する詳しい情報はこちらをご覧ください。

エコカーの普及目標台数

 「大阪エコカー普及戦略」における大阪府内の自動車に占めるエコカーの普及目標台数及び割合は次のとおりです。

 ・中間目標 : 平成27年度(2015年度)で 69万台(保有台数に占める割合20%)
 ・最終目標 : 平成32年度(2020年度)で180万台(保有台数に占める割合50%) 〔2台に1台をエコカーに!

エコカー普及状況

    大阪府内の自動車に占めるエコカーの割合

エコカー種類別保有台数(台)

種類/車種

2009
年度

2010
年度

2011
年度

2012
年度

2013
年度

2014
年度

2015
年度

2016
年度

2017
年度

中間目標
(2015年度)

最終目標
(2020年度)

電気自動車

316

516

1,026

1,715

2,260

2,802

2,967

3,628

4,581

6,900

30,600

天然ガス自動車

5,380

5,228

4,994

4,696

4,134

3,729

3,339

2,825

2,333

96,00

12,100

ハイブリッド自動車

50,534

76,141

111,846

156,673

211,721

261,226

313,858

369,328

423,312

98,600

174,400

クリーンディーゼル自動車

164

615

1,070

3,459

7,738

13,092

20,962

29,285

36,226

9,600

37,200

燃料電池自動車

1

1

3

3

3

8

22

87

120

-

-

水素エンジン自動車

0

1

1

1

1

1

1

1

0

-

-

プラグインハイブリッド自動車

6

8

193

706

1,120

1,645

2,140

2,708

4,329

4,700

21,700

超低燃費車

121,677

228,013

301,293

388,804

478,863

554,596

623,292

693,825

760,849

560,200

1,519,000

エコカー合計

178,078

310,523

420,426

556,057

705,840

837,099

966,581

1,101,687

1,231,750

689,600

1,795,000

車両総台数(二輪を除く)

3,465,932

3,450,845

3,458,059

3,466,879

3,487,643

3,494,057

3,501,682

3,515,117

3,527,548

3,518,000

3,502,500

エコカー導入率

5%

9%

12%

16%

20%

24%

28%

31%

35%

20%

50%

                                                                                             (一般財団法人 自動車検査登録情報協会等のデータを元に大阪府が算定)   

※超低燃費車の台数には、軽自動車及び大型特殊自動車の台数は含まない。 

【平成29年度(2017年度) 車種別台数の推移等】 New!!
       
○前年度からエコカー車種全体で13万台増加しています。
       ○燃料電池自動車(FCV)は前年度から約1.4倍に増加しています。
 
       ○電気自動車(EV)、クリーンディーゼル自動車(CDV)、プラグインハイブリッド自動車(PHV)は、
         前年度からそれぞれ約1.3倍、約1.2倍、約1.6倍に増加しています。
       ○ハイブリッド自動車(HV)は平成24年度(2012年度)より、毎年約4、5万台ずつ順調に増加しています。
       ○近年、天然ガス自動車(CNGV)は減少傾向にあります。

【市町村別の燃料電池自動車(FCV)、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド自動車(PHV)、ハイブリッド自動車(HV)、天然ガス自動車(CNG)の登録台数】New!!
       
平成29年度(2017年度)末台数 [Excelファイル/15KB] [PDFファイル/33KB]

大阪府EV・PHVのまち推進マスタープラン

 エコカーの中でも、CO2排出削減効果の大きいEVやPHVの普及を図るための実行計画として、平成23年3月に「大阪府EV・PHVのまち推進マスタープラン」を策定しました。
平成22年12月に経済産業省からモデル指定を受けた「EV・PHVタウン」の推進に向け、環境と産業振興の両面から具体的な施策に取り組んでいきます。

大阪府EV・PHVのまち推進マスタープラン [Wordファイル/5.89MB] [PDFファイル/2.22MB]

経済産業省「EV・PHVタウン」について詳しくはこちら(外部サイト)


このページの作成所属
環境農林水産部 環境管理室環境保全課 自動車環境推進グループ

ここまで本文です。