エコドライブの推進

更新日:平成29年4月3日

 エコドライブ(環境負荷の軽減に配慮した自動車の使用)は、自動車から排出されるCO2を削減し、地球温暖化対策と位置づけられるとともに、窒素酸化物等の削減につながり、大気汚染対策に資するものであります。そのため、大阪府は自動車環境対策の一環として、エコドライブの取組みを推進しています。
 また、国は関係省庁その他関係機関による検討会において、下記「エコドライブ10のすすめ」をエコドライブの定義として位置づけています。参考:環境省「エコドライブ普及・推進アクションプランの策定について」
 

エコドライブ10のすすめ

 
 1  ふんわりアクセル「eスタート」
 2  車間距離にゆとりをもって、加速・減速の少ない運転
 3  減速時は早めにアクセルを離そう
 4  エアコンの使用は適切に
 5  ムダなアイドリングはやめよう
 6  渋滞を避け、余裕をもって出発しよう
 7  タイヤの空気圧から始める点検・整備
 8  不要な荷物はおろそう
 9  走行の妨げとなる駐車はやめよう
 10 自分の燃費を把握しよう
(「エコドライブ10のすすめ」パンフレット) [PDFファイル/2.23MB]
  
【詳細】エコドライブ10のすすめ(外部サイトを別ウインドウで開きます)

エコドライブのメリット

ドライバー一人ひとりがエコドライブを実践することで大気汚染や地球温暖化の防止に大きく貢献することはもちろん、ドライバーにとってもさまざまなメリットがあります。

 ☆NOx・PMなどの大気汚染物質の排出量が減少し、身近な生活環境が改善される。

 ☆CO2の排出量が低減することで地球温暖化防止に役立ち、さらに燃費がよくなって燃料費を節約できる。

 ☆自動車にもやさしい運転なので、メンテナンスコストを節約できる。

 ☆余裕のある運転は、安全運転につながり、事故を減少させる。 

(引用:独立行政法人環境再生保全機構「エコドライブのすすめ!」3頁)

エコドライブに関するマニュアル等のご紹介

これからエコドライブに取り組もうと思っている方、すでに独自の取り組みを行っている方、より効率的・効果的にエコドライブを進めるために下記のようなマニュアルを参考にしてみてはいかがでしょうか。乗用車用やトラック・バス用など様々ありますので、ご覧下さい。

タイトル

リンク先

内容

◇「乗用車のエコドライブテキスト」
公益財団法人
交通エコロジー・モビリティ財団
乗用車におけるエコドライブについて、解説されている基礎的なテキスト。
◇「トラック・バスのエコドライブテキスト」
公益財団法人
交通エコロジー・モビリティ財団
上記テキストのトラック・バス版。
◇「エコドライブのすすめ!」
独立行政法人
環境再生保全機構
環境負荷の立場からエコドライブについて解説。
◇「エコドライブ推進マニュアル」(外部サイト)
経済産業省
資源エネルギー庁

エコドライブを省エネ運転と定義し、燃費を向上させるポイントを記載。

◇「エコドライブ推進マニュアル」(外部サイト)
 (トラック運送事業者向け)
公益財団法人
全日本トラック協会
エコドライブを進めるにあたってポイントとなる、社内の体制づくりや燃費の管理方法などを分かりやすく解説。

 【参考】
 ◆燃費管理ソフト「Recoo」 …会員登録(無料)をすることで自動車の燃費を管理することができます。個人、法人問わず、どなたでも利用できます。

エコドライブに関する支援制度

大阪府ではエコドライブに関する取組みについて支援を行っております。
詳しくはこちらをご覧ください。
 

問合せ先

ECO交通推進センター(環境農林水産部環境管理室 交通環境課 自動車環境推進グループ内) 
(電話)06-6210-9586
(メール)kankyokanri-g05@sbox.pref.osaka.lg.jp 

このページの作成所属
環境農林水産部 環境管理室交通環境課 自動車環境推進グループ

ここまで本文です。