長期間入院している生徒への支援について

更新日:平成27年3月10日

  大阪府では、『障害』の『害』の漢字をできるだけ用いないでひらがな表記としていますが、お使いの音声読み上げソフトによっては「さわりがい」と読む場合があります。
「障害」の「害」のひらがな表記の取扱いについて

大阪府立高等学校における長期入院生徒学習支援事業について

 大阪府立高等学校に在籍する生徒のうち、病気・ケガによる入院により、長期間登校できないが、修学の意思を強く持ち、学習意欲がある生徒の学習を支援します。生徒の入院している病院等へ在籍校の教員(本務者または非常勤)が出向き、状況に応じた授業を行うための非常勤講師時数を措置します。

〇事業概要 [Wordファイル/56KB] [PDFファイル/121KB]

このページの作成所属
教育庁 教育振興室高等学校課 生徒指導グループ

ここまで本文です。