科学の甲子園第1回大阪府大会

更新日:平成29年6月19日

「大阪府生徒研究発表会」と「科学の甲子園大阪府大会」を開催しました。

10月29日(土曜日)「第4回大阪府生徒研究発表会」を開催しました。この大会は、理数教育に重点を置いた研究開発を行う「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」に指定された高校が中心となり、府内の国・公・私立高校の生徒が一堂に会して、理科・数学・情報分野の研究成果の発表を行うものです。

 午前の部は、大阪府立労働センター(エル・おおさか)を会場とし、津田仁教育振興室長による主催者挨拶、文部科学省根橋広樹様、独立行政法人科学技術振興機構岩渕晴行様によるご来賓挨拶ののち、それぞれの学校が研究してきた内容が発表されました。全国SSH生徒研究発表会で表彰を受けた府立高校の生徒たちを含む各校の発表や、昨年全国SSH生徒研究発表会で文部科学大臣表彰を受賞した兵庫県立神戸高校の招待発表などがあり、生徒たちが交流し、互いに刺激を受けている様子が伺えました。

 午後の部は、府立天王寺高等学校を会場に、3つの分科会が開かれ、府内の高校から20組のプレゼンテーションが行われたのち、84組のポスターセッションが行われました。農業高校等による研究を含む、さまざまな研究内容が発表され、参加した生徒にとって、今後の研究の参考になるとともに、学習意欲をさらに高める契機となりました。

 また、大阪府教育委員会では、今年度新たに「科学の甲子園大阪府大会」を生徒研究発表会と同時に開催しました。この大会は、高校を代表するチーム(生徒6名)を対象として、理科・数学・情報分野の問題に協力してチャレンジする取組みです。第1回となる今回は16校が参加し、2時間の競技中、チームの力を結集して、解答を作成しました。結果は、第1位府立北野高校、第2位大阪星光学院、第3位府立四條畷高校で、第1位となった府立北野高校は、来年3月に開催される「科学の甲子園全国大会」に大阪府代表として参加します。北野高校の全国大会での活躍が期待されます。

大阪サイエンスデイ( 大阪府生徒研究発表会・科学の甲子園大阪府大会 )
写真:オーラルセッションの様子

写真:ポスターセッションの様子

写真:科学の甲子園 大阪府大会

写真:オーラルセッションの様子

写真:ポスターセッションの様子

写真:科学の甲子園大阪府大会

 

このページの作成所属
教育庁 教育振興室高等学校課 教務グループ

ここまで本文です。