公立高校を受験する際の「配慮」が必要な方へ

更新日:平成28年12月19日

大阪府の公立高等学校の入学者選抜では、障がいのある生徒、日本語指導が必要な帰国生徒等に対して、受験上に必要な配慮を行っています。配慮を希望する場合は、現在通っている中学校の先生に相談をしてください。

◆入学者選抜における受験上の配慮◆ 

  ○ 障がいのある生徒に対する配慮事項 

  ○ 日本語指導が必要な帰国生徒等に対する配慮事項

◆日本語指導が必要な帰国生徒・外国人生徒、海外から帰国した生徒に対する選抜方法◆

  ○ 日本語指導が必要な帰国生徒・外国人生徒入学者選抜 及び 海外から帰国した生徒の入学者選抜  



<中学生等の進路選択に関する資料>

  「ともに学び、ともに育つ」障がい教育の充実のために (小中学校課のウェブページへリンク)

    ※「第5章」として「高等学校等への進学・就労」の項目があります。

  帰国・渡日児童生徒学校生活サポート (小中学校課のウェブページへリンク)

    ※「進路選択に向けて」(中学生の進路選択のための資料)などが掲載されています。

このページの作成所属
教育庁 教育振興室高等学校課 学事グル−プ

ここまで本文です。