企業主導型保育事業について

更新日:平成30年9月19日

企業主導型保育事業とは

企業主導型保育事業は、平成28年4月に国において、仕事と子育てとの両立に資することを目的に創設された事業で、企業が社員の子どもを対象として、事業所内や近隣地に設置する保育施設のことです。

大阪府では、待機児童の解消と女性が働きやすい環境整備のため、商工労働部と連携し、企業主導型保育施設の設置、地域枠等の活用に向けた相談支援に取組んでいます。

▼大阪府企業主導型保育事業者研修について

大阪府では、企業主導型保育施設における保育の質向上を目的に、企業主導型保育施設の施設管理者及び保育従事者を対象とした研修を開催しています。

平成30年度 大阪府企業主導型保育事業研修  <参加者募集中>

▼市町村別企業主導型保育推進事業(従業員枠・地域枠)施設一覧の作成について

市町村と企業主導型保育事業者との情報共有を目的に、市町村別の一覧を作成し、市町村に配付することにしました。今後、市町村の窓口において府民から、施設の利用について問合せがあった際に、活用する予定です。
※大阪府内に所在する企業主導型保育事業を対象としています。

施設一覧の作成については、以下のインターネット申込みから入力してください。

 

(問合せ先)
福祉部 子ども室 子育て支援課
電話:06-6944-6678(直通) FAX:06-6944-3052

このページの作成所属
福祉部 子ども室子育て支援課 認定こども園・保育グループ

ここまで本文です。