立ち直り支援事業について

更新日:令和2年6月9日

1 立ち直り支援の取組内容

育成支援ケースワーカーの配置
 大阪府では、少年サポートセンターにケースワーカー(社会福祉職)を配置し、主に中学生を対象に居場所づくりや非行からの立ち直り支援を行っています。 
 ケースワーカーが少年への面談を行うとともに、家庭や紹介機関などとも連携し、少年の興味や関心のあることを取り入れながら、少年の状況や課題に応じた支援プログラムを企画、実施しています。

ケースワーカーの専門的対応 詳細はこちら
 専門職であるケースワーカーには、問題行動を起こす少年の表面だけをとらえるのではなく、背景にあるものを理解した上で寄り添い関わるという基本姿勢に基づき、一つ一つのケースを深く探りながら問題解決の道筋をつくっていく役割があります。
 支援プログラム実施にあたっては、スタッフと少年との心の交流が少年の立ち直りに大きな役割を果たすことから、支援サポーターなどの参加も得て、家庭的な関わりの中で活動を行っています。

立ち直り支援の概要
 (1)目的 
 体験活動を通して、職員との信頼関係を築く中で自分自身を大切にし、また人を大切に思う心を育み、一歩ずつ一人ひとりの課題を克服しながら、非行や生活習慣の改善を目指しています。

 (2)対象
 少年、保護者の通所の同意を前提に、少年育成室(警察)をはじめ、児童相談所、学校から紹介された非行事由のある少年

 (3)体験型支援プログラム
 それぞれの少年の関心や状況に合わせた様々な非行からの立ち直り支援ツールを用意し、実施しています。
立ち直り支援事業
   

2 支援サポーター 

 大阪府では、さまざまな事情をもつ少年たちの心に寄り添ってくれるお兄さん、お姉さん的存在として、少年たちと年齢の近い学生を支援サポーターとして募集し、各少年サポートセンターにおいて、学習支援・調理やスポーツ・ダンスなどのプログラムの実施に協力していただいています。
 令和2年度は募集受付、研修の実施、派遣等の業務を一般社団法人大阪少年補導協会に委託しています。詳細はこちらをご覧ください。 

 合同事業・野外活動のようす

活動内容

主な活動状況

実施日

木工・クラフト他

「堺少年サポートセンター事業(笑働の森 槇尾っ子祭り 平成29年度)」
「少年サポートセンター合同事業(木工教室 平成28年度)」
「少年サポートセンター北ブロック合同事業(箕面ハイキング 平成27年度)」  
「堺少年サポートセンター事業(笑働の森 槇尾っ子祭り 平成27年度)」 

平成29年10月28日
平成28年8月24日
平成27年11月 7日
平成27年10月31日

スポーツ・野外活動

「少年サポートセンター合同事業(ラグビー教室 令和元年度)」
「少年サポートセンター合同事業(バスケットボール教室 平成30年度)」 
「少年サポートセンター合同事業(サッカー教室 平成30年度)」 
「少年サポートセンター合同事業(ニュースポーツ教室 平成29年度)」 
「少年サポートセンター合同事業(フットサル体験 平成27年度)」 
「少年サポートセンター合同事業(釣り体験 平成27年度)」 
「少年サポートセンター合同事業(卓球大会)」   
「少年サポートセンター南ブロック合同事業(海洋体験)平成27年度」   

令和2年  2月15日 
平成30年  7月30日
平成30年  9月  8日
平成29年  8月  7日
平成28年  1月  7日
平成27年10月24日
平成27年  8月21日 
平成27年  8月  7日

社会貢献活動

(環境浄化)

「少年サポートセンター中ブロック合同事業(久宝寺緑地花植え 平成29年度)」   
「少年サポートセンター北ブロック(芥川の環境整備と生き物観察 平成29年度)」
「少年サポートセンター北ブロック(芥川の環境整備と生き物観察 平成28年度)」
「八尾土木事務所・八尾少年サポートセンター協働事業(落書き消し 平成27年度)」 
「少年サポートセンター中ブロック合同事業(久宝寺緑地花植え 平成27年度)」 
「少年サポートセンター合同事業(府内一斉清掃 平成27年度)」  
「少年サポートセンター北ブロック(芥川の環境整備と生き物観察 平成27年度)」     

平成29年11月19日
平成29年  8月 3日
平成28年  7月22日
平成28年  1月23日
平成27年11月21日
平成27年10月17日
平成27年  7月29日

4 その他

府内の各学校からの相談については、管轄区域の各少年サポートセンターにご連絡ください。

このページの作成所属
政策企画部 青少年・地域安全室青少年課 非行防止対策グループ

ここまで本文です。